壮大で深遠な情景を描くミュージシャン『Bon Iver(ボン・イヴェール)』




Bon Iver(ボン・イヴェール)という
ミュージシャンを知っていますか?

僕が大好きなミュージシャンの一人です。

第54回グラミー賞最優秀新人賞最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
を受賞した実績を持ち
様々なミュージシャンからも大絶賛
されています。

Bon Iverとは?

引用:Hostess Entertainment

ボン・イヴェールは
米ウィスコンシン州出身のシンガー・ソング・ライター=ジャスティン・ヴァーノンの
ソロ・プロジェクト。

08年に発表した奇跡のデビュー・アルバム
『フォー・エマ・フォー エヴァー・アゴー』で、世界中の音楽メディア、批評家、アーティストから絶大な支持を獲得。

同じく08年にリリースした
『ブラッド・バンク(EP)』が音楽メディア、アーティストから絶賛され、
EP収録の「Woods」を後にカニエ・ウェストがサンプリングし話題となった。

セカンド・アルバム『ボン・イヴェール』では米Pitchforkにて9.5/10点を獲得し、全米初登場2位、全英初登場4位を記録。12年第54回グラミーでは最優秀新人賞と最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞した。

2016年にボン・イヴェールとしては待望の初来日を果たし、大成功を収めた。

引用:Hostess Entertainment

ジャスティン・ヴァーノンが中心となり
デヤーモンド・エジソン
という
バンドが解散された
直後に始動したというBon Iver

音楽性はフォークを基調としていながら
様々な影響を感じさせる
幅の広さが、Bon Iverの音楽を
作り上げています。

ジャズ・R&B・フォーク・ゴスペル・ロック・ソウル

の要素がうまく絡み合っていますね。

深遠で透きとおった世界に
ハーモニーの花が咲いていく感じ。

なんといっても、その幅の広い歌唱力も魅力の1つ。
特にファルセット(裏声)は聴く価値ありです!

フロントマンのジャスティン・ヴァーノンだけではなく、周りを固めるメンバーも
すご腕揃いです!

カニエ・ウェストとのコラボ

アメリカのミュージシャン・プロデューサーであるカニエ・ウエストの
Lost In The World』という曲で
Bon Iverがフィーチャーされています。

Bon Iverが2009年に発表したEP
Blood Bank』に収録された曲『Woods
のフレーズをそのままサンプリングしているんです。

こちらの曲です↓

こちらが、サンプリング元の曲
Bon Iverの『Woods』↓

骨太で繊細なフォークなイメージとは相打って
いきなりこんな
ソウルフルでゴスペル的な曲が流れてきたら

それは、しびれますわ。

この曲は、ハーモニーを自動で作り出す
ボコーダーのようなエフェクターを使用しています。

おすすめの曲

僕がお勧めするBon Iverの曲をいくつか
ご紹介します。

22 (OVER S∞∞N)

Holocene

Perth

Skinny Love

Michicant

何気に、メンバーのサックス奏者のプレイが
凄まじいんですよね!

ジャスティンを食ってる勢いです(笑)

リリース作品

1st ALBUM 『For Emma, Forever Ago』

2nd ALBUM 『Bon Iver,Bon Iver』
 
 
EP 『Blood Bank』
 
3rd ALBUM『22, A MILLION』
 
 

その他の活動

ジャスティン・ヴァーノン
Bon Iver以外にも
Volcano Choir(ヴォルケーノ・クワイア)
というバンドでフロントマンを務めています。

結成したのは2005年ということで
Bon Iverより前なんですね!!

今まで、2枚のアルバムを発表しています。

清涼感溢れる壮大な音が特徴です。

Bon Iverとの出会い

僕は以前からBon Iverは知っていたのですが
2016年に来日する事を知り
何曲かは知っていて、興味があったので

ライブを見に行こうとチケットを取りました。

予習のために、1st、2ndアルバムを
毎日のように聞き込むようになるにつれて
その魅力に引き込まれていきましたね。

特に2ndアルバム『Bon Iver,Bon Iver』には
衝撃を受けました。

そしてライブで見たBon Iverは、凄まじく圧巻でした!
本当に感動しました。

この貴重な来日講演に行く事ができて良かった~。

まとめ

今回、Bon Iverを特集して
記事を書いてきました。

いかがでしたか?

音楽はやはり、素晴らしいですね!

ためになる記事です

 

SpotifyBon Iverプレイリスト

では、またの機会に。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です