【レビュー】Cinestill 800Tというフィルムを使ってみた




こんにちは!ろびん(@robintwistland)です。

Cinestill 800T』という35mmフィルムを試してみましたので
レビューしていきたいと思います。

以前、『Cinestill 50D』のレビューを投稿していましたが
こちらは、ISO感度の違うフィルムですね。

【レビュー】Cinestill 50Dというフィルムを使ってみた

2017.11.22

Cinestill 800Tとは?

フィルムメーカー『Cinestill』が制作し販売する 映画撮影用フィルムを原料に作られた写真用フィルムです。

映画用タングステン光下フィルムのISO800カラーネガフィルム

映画のワンシーンを切り出したようなイメージで撮影できます。
映画用タングステン光下フィルムのISO800カラーネガフィルム。
低照度で困難なタングステン光の状況のために設計されています。
多くの異なる照明状況でも使用することができます。

再加工された特注のこのフィルムは、標準的なC-41で安全に現像できます。
タングステン光(3200K)で撮影したい時は、ISO800として設定し、フィルター無しでの撮影が推奨されます。
ナイト撮影に向いていますが、タングステンフィルムなので、太陽光の元では青みがかった色になります。
その際は、色補正フィルターを使用すると(KODAKの85B、ケンコーのW12、富士LBA-12)普通の色味になります。

青みがかった不思議な色を楽しむ場合は、プリントで色補正をしないよう指示して下さい。

ISO感度は800です。

フィルターを使う際は、露光係数にご注意下さい。
上記の色補正フィルターを装着した場合はISO500にします。
フィルターを装着しても、自動露出機構付きのカメラ(AE)の場合はISO800のままでご使用下さい。

【ご注意】
CineStillフィルムは、まれに赤く稲妻のような、または点のようにフィルムに映り込む場合があります。
これは静電気によるものです。静電気は、フィルム、機器の一部または巻線に蓄積することがあります。

フィル生産工程上、帯電防止/アンチハレーション処理が完全ではありません。
特に涼しい、乾燥した環境では他のフィルムよりも起こりやすい傾向があります。
それを避ける最善の方法として、ゆっくり巻き上げ戻し巻き戻しをすことをお勧めします。

引用:Amazon

映画のワンシーンのような写真が撮れると、説明されていますね。

タングステンとは?

タングステンとは、色温度3200Kに当たるオレンジ色を指す言葉です。

このフィルムは、タングステン光の元で撮影する事を想定して作られたんですね。

ISO感度は800なので、夕暮れ・夜の撮影に適していると言えます。

スペック

フォーマット 35mm
枚数 36枚
現像方式 C-41
ISO感度 800

 

Cinestill 800Tの作例

 

使ってみた感想

実際に使用してみた感想ですが、やはり、ネオンがある場所やライトの下での撮影などに適しているのかなと思いました。

特に、夕暮れ時の写真(1枚目)などは、映画的な雰囲気を醸し出していると思いました。

次回は、ネオンの輝く街で撮影したいですね!

まとめ

現在、販売中のカラーネガフィルムの中でも、なかなか手を出しづらいお値段のフィルムですが
この空気感というか、描写性や解像度は目を見張るものがあります。

皆さんも一度は使ってみてはどうでしょうか?

 
#cinestillのInstagramはコチラ

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です