銘玉レンズ、CONTAX Planar T*85mm F1.4の描写性







こんにちは!アート系ブロガー、ろびん(@robintwistland)です。

このたび、某カメラ屋さんでオールドレンズ『 CONTAX  Planar T*85mm F1.4 MM 』を
買っちゃいました!

このレンズで撮ったとされる写真を拝見する機会があり
大変に感銘を受け、興味を持ったのが始まりでした。

今回は作例も含めて、ご紹介しますよ!!

銘玉Carl Zeiss Planar  T*85mm F1.4とは

世界中のカメラファンから賞賛されるドイツの光学メーカー『Carl Zeiss』。

その『Carl Zeiss』と日本のカメラメーカー『ヤシカ』が合同で製造したレンズが
この『CONTAX Planar  T*85mm F1.4 MM』である。

マウントはフィルムカメラ『CONTAX』用の「C/Y」マウント。

このレンズには、AEレンズとMMレンズの2種類がありますが
このMMレンズは後期型です。

マニュアル・絞り優先・プログラム・シャッタースピード優先
4つのモードに対応しています。

5群6枚。最短撮影距離1m。アタッチメントはφ67mmねじ込み。

Carl Zeiss』のレンズのなかでも、1,2位を争うくらいのレンズで
絞り開放では、とろけるようなボケ
絞ればコントラストのハッキリした濃い発色の描写に定評があります。

重量は595gと、ズッシリとした重さがあります。

 

カメラボディーはどうする?

CONTAX』のフィルムカメラ用のレンズなので
CONTAX』の一眼レフカメラを使用します。

デジタルでもマウントアダプターをかませば、使用できますので
デジタルでも楽しむことができます。

マップカメラさんのPlanar T*85mm F1.4 MMの紹介記事です↓

 

僕はフィルムで使うことが前提でしたので
ボディーを色々探した末に、東京の専門店でお安くなっていた『CONTAX RX
を購入しました。

CONTAX RX』と『CONTAX Planar  T*85mm F1.4 MM』を
合わせると総重量は、約1.4kgになります。

なかなかの重量感がありますが、かっこいいですね!

 

作例

では、『CONTAX Planar  T*85mm F1.4 MM』の写りを見てみましょう。

カメラは『CONTAX RX』。
少しデジタル補正してます。

 

 

その場の空気感をドラマティックに捕らえていると思います。

85mmレンズは初めて使いましたが、個人的には
慣れれば使いやすい画角だと思いましたね。

ポートレートレンズ

85mm画角のレンズは、ポートレートレンズと言われますよね。

この『CONTAX Planar  T*85mm F1.4 MM』も例外ではありません。

その所以は、

①背景がボケまくる
②被写体が浮き立つ
③被写体との距離感を保てる

このような理由があるように思います。

使ってみて思いますが、レンズと被写体、被写体と背景に距離があるほど
奥行き感がすごいんですよね!

 

最後に

まだ使い始めて間もないので、じゃんじゃん使って
この銘玉レンズを使い倒せるぐらいにはなりたいと思います。

Flickrにアップされた『CONTAX Planar  T*85mm F1.4 』の
写真を見てみましょう。

では、また。

CONTAX Planar 85mm F1.4をマウントアダプターを使ってCanon EOS 70Dに付けてみました!

2018.04.15






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です