【レビュー】FUJIFILMのPRO 400Hというフィルムを使ってみた




本日はフィルムレビューをしたいと思います。

今回ご紹介するのは、FUJIFILMの35mmフィルム『PRO 400H』です。

現在も人気があり、インスタで使用している人も多く見かけます。

PRO 400Hとは

FUJIFILMが発売するカラーネガフィルムです。

もっともなめらかな階調で豊かな表現を実現

「第4の感色層」の採用により、さまざまな光源下での忠実な色再現を実現。
優れた粒状性で、ハイライトからシャドーまで滑らかな表現。
感度ISO400で、幅広い撮影シーンに使えます。

発色:自然で落ち着いた発色

階調:軟らかい

お奨めの被写体:

  • 1.滑らかでしっとり落ち着いた肌色描写を求める用途に。
  • 2.高感度かつ蛍光灯やミックス光源に強く、色温度の影響を受け難いので、室内および屋外のあらゆるシーンで。
  • 3.コマーシャル、建築写真など、色転びがすくないのでプロフェッショナル向けの撮影に

ISO感度:ISO400

引用:FUJIFILM公式サイトより

その名のとおり、プロ用カラーネガフィルムと謳われています。

ISO感度も400で使いやすいですね。

※また、同じ種類の120(ブローニー)用のフィルムもあります。

PRO 400Hの作例

作例を見てみましょう。

カメラ:CONTAX RX
レンズ:CONTAX Planar 85mm F1.4

スッキリ、あっさり、という感じで
非常にバランスの良い色彩感です。

色味は青っぽいと聞いていましたが、CONTAXプラナーのレンズだと
ちょうど良くなるのかも。

レンズとの相性もあるかもしれません・・・。

かなりクオリティの高いフィルムだと感じました。

冷ややかでドラマティックな画が欲しい方にオススメです。

まとめ

お値段は少し高めなフィルムですが、使う価値はあると思います。

 
 
こちらは120(ブローニー)フィルム
 
 
 
最後にInstagramにて#pro400hでタグ付けされた写真を見てみましょう。
 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です