アナログライクなLightroomプラグイン【Google Nik Collection】を使ってみた







こんにちは!アート系ブロガー、ろびん(@robintwistland)です。

みなさん写真を撮って、編集してますか~?

今回紹介しますのは、【Google Nik Collection】という
画像編集ソフト『Lightroom』『Photoshop』内で使用できるプラグインです。

 

Google Nik Collectionって何?

画像編集ソフト『Lightroom』『Photoshop』内で使用できるフィルム風の写真が作れる
プラグインソフトです。
以前は、有料だったらしいのですが、Googleが買収して無料になったみたいです。

さすがGoogle!!

というわけで、さっそくインストールして『Lightroom』で使用してみました。

こちらのリンクからダウンロードしてください。

青い枠のダウンロードを押して、ガイドに従ってインストールしてください。

再起動などは必要ありません。

インストールがあっさり!終わるので、それから
Lightroom』か『Photoshop』などを開いてプラグインとして起動します。

今回は『Lightroom』でやってみました。

 

使い方は

まずはLightroomで通常通り写真を読み込み、現像する画面にします。

そして写真の上で『右クリック』して『他のツールで編集』の項目の中にプラグインが入っています。

Analog Efex Pro
Color Efex Pro
Dfine
Sharpener Pro
Silver Efex Pro
Viveza

というプリセットが追加されていますね。

 

効果を見てみよう

今回は、こちらの『ANALOG EFEX PRO』というプリセットに的を絞って
紹介していきます。

Analog Efex Pro

昔ながらのカメラ、フィルム、レンズの雰囲気を楽しめます。

元の写真

操作もわかりやすく、簡単にアナログなフィルムっぽい写真が作れます。

 

左上にある『クラシックカメラ』という所をクリックすると

様々なシミュレーションのプリセットが出てきて選べます。
細かな調整も出来るので結構追い込んで編集できますね。

効果が強く現れるので、楽しいですよ!


作例

上の写真のようなマルチな組み写真も作れます。

コチラはアナログライクなフレームエフェクトです。

とても良い感じです!

 

まとめ

いかがでしたか?『Lightroom』『Photoshop』内で使用できるプラグイン
Google Nik Collection】をご紹介しました。

無料でかなり実用できるレベルなので、インストールして損は無いと思います。

今回ご紹介したのは、一部なので色々試していただけたらと思います。

では。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です