【書籍レビュー】『習慣を変えれば人生が変わる』を読んで感じたこと







こんにちは。ろびんです。

このたび、マーク・レクラウ著『習慣を変えれば人生が変わる』という
書籍を読みました。

ここ1年ぐらい、自己啓発書を読み漁っているのですが
この本は、1番得るものが大きかったので、紹介したいと思います。

習慣を変えれば人生が変わる?

今から約2500年前、古代ギリシャの哲学者
アリストテレスは「習慣が変われば、人生が変わる。」と言った。

習慣を変えれば人生が変わる』からの引用

みなさん、誰しも日々行っている習慣があると思います。

僕にもあります。

まず、習慣の意味を確認しておきましょう。

習慣(しゅうかん、英: habit)とは、
日常の決まりきった行いのこと。
長い間そうすることによって、そうすることがあたかもきまりのようになったこと。
(心理学用語)反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のこと。

引用:Wikipedia

それを行うのが当たり前で、苦も無く続けている事
ということですね。

今、もし悪い習慣を行っていると
感じているなら
少しずつ良い習慣を取り入れてみませんか?

人生が良い方向へ向かうはずです!

今回はこの本を読んで、感じたことを抜粋して、まとめていきますよ。

 

嫉妬と羨望を捨てる

嫉妬と羨望を抱くと、自分がみじめな気分になるばかりである。

習慣を変えれば人生が変わる』からの引用

まったくそのとおりですよね。

僕は、まさしく嫉妬と羨望を抱えて生きてきたんですよね。

自分に無い物を羨ましく思い、他人と自分を比べては
卑屈になったりしていました。

自分のやっていることに自信が持てず
ブレまくっていたんですね。

みんなそれぞれ、この世で唯一の存在
なんです。

目的を持ち、自分を愛することが出来たら
人を羨んだりしなくなると思います。

感謝を忘れない

毎日、自分が持っているものに感謝すれば
感謝したいことをもっと引き寄せることが出来る。

習慣を変えれば人生が変わる』からの引用

僕はこれが出来ていませんでした。

現在の状況が、当たり前だと錯覚し、当然のことのように
毎日を過ごして
ありがたみ」を感じれていませんでした。

人は独りで生きているのではありませんよね。
様々な要因があって生かされているんですよね。

・家族や友人などの、身近な人々
・普段使っている物
・それを考え、作った人々
・自然
・宇宙

など、挙げればキリが無いほど
感謝する対象は溢れています。

自分の大好きな事をする

人生の目的を見つければ、すべてがうまくいく。
あなたは大切な人と機会を引き寄せて成果を上げることができる。大好きなことをすることほど成功を引き寄せるものはない。

習慣を変えれば人生が変わる』からの引用

これは、今の時代にピッタリのワードな気がしますね。

人生で何をしているときが楽しいのか?
何を成し遂げたいか?

人生のほとんどの時間を仕事に使うことになるとして・・・。
どうせやるなら、楽しいと思える好きなことをしたいですよね。

幸い今の時代は、アイディアと努力しだいで
何でも仕事に出来る可能性を秘めていると感じます。

嫌なことをして一生を終えるよりも
好きだと思えることをして
一生を終えたいです。

1時間早く起きる

日の出前の時間には特別なエネルギーが秘められている。
毎朝、5時半か6時に起きるようになってから、私の人生は完全に変わった。
日中、ストレスをためこまなくなり、いつも落ち着いて生活できるようになったのだ。

習慣を変えれば人生が変わる』からの引用

僕は、『早起きをする』ということを今年の目標に設定しています。

著者のように、日の出前に起きることは出来てませんが・・・。

しかし、2018年も1ヶ月が経過しましたが
今では約1時間早く起きれるように
なりました。

昔は超夜型人間でしたが、そんな人間でも
今では7時前には起きて
朝の時間を満喫しています。

・瞑想
・読書
・ブログを書く
・情報を仕入れる

といったことに、朝の時間を使っています。
朝は、頭がスッキリしてクリアな状態なので
より集中が出来ると感じています。

 

目標を書き留める

大多数の人はどこから夢をかなえればいいのかまったく知らない。
だが、一回に一歩ずつ着実に前進すれば、それまで想像もしていなかったことを成し遂げることができる。

習慣を変えれば人生が変わる』からの引用

僕もずっと、
「自分はこの人生で何を成し遂げたいんだ?」
「自分の目標はなんだろう?」

と自問自答を繰り返しては、答えが見えず
焦りを感じていました。

問題は、目標を難しく考えすぎていたからかもしれません。

純粋に、何年後かの理想の自分を想像して
それを、思いのままに書き留める。

文字にするというのは不思議と
今までは夢のような事でも、具体性を持って考えれるようになるんですよね。

それを叶えるために、今何をするべきなのかが
見えてくるんですよね。

この本の素晴らしいところ

この本が素晴らしいと思うところは、読者が読んだ内容を
実際に考え、実践できるように工夫している点です。

POINT

・読者に問いかけ
・行動を促す

ように書かれているのです。

なので、読んで知識を得て終わりではなく
実践して実際に、読んだ人が変わっていけるように
配慮されているのです。

まとめ

人生は、習慣の集まりだと思います。

平等に与えられた時間の中で、自分は何を考え、何をするのか

とても考えさせられ、自分の人生を見直す指針を示してくれた
本でした。

気になったらチェックしてみて下さい。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です