レトロな動画撮影スマホアプリ『8ミリカメラ』が面白い







iPhoneでレトロな動画が撮れると話題のアプリ『8ミリカメラ
をご存知でしょうか。

8mmフィルムの質感を再現出来る動画アプリです。

今回は、このアプリの魅力に迫りたいと思いますよ~。

 

8mmフィルムとは?

VHS(ビデオテープ)が普及する以前、映画や一般記録用で使われていた
フィルムですね。

このフィルムを専用の8mmフィルムカメラに入れて撮影します。

世界的なフィルムメーカーの『Kodak』が昨年
8mmフィルムカメラ『スーパー8』を復活させて発売したことでも
注目が集まっているんです。

アプリの使い方は?

こちらがアプリを立ち上げた直後のユーザーインターフェースです。

各操作を確認していきましょう。

変更レンズ

ここを変更すると、フィルムっぽいレトロな効果を
いろいろ楽しめます。

1.ノーマル

2.黒フチ

3.魚眼系?

4.感光っぽい

5.感光っぽい2

6.???

7.黒フチ2

こんな感じの効果を出せます。

記録

この赤いボタンを押すと録画が開始します。

ビデオを読み込む

このアプリは、既存のiPhoneにある動画を8mmのフィルターを通し
再びダビングすることが出来るのです。

モニター画面右にある歯車アイコンを押すと
カメラロールの動画が選択できますので、選択して
右にある赤いボタンを押すと、録画が始まります。

すごいです!!

変更フィルム

ここでフィルターを変えることが出来ます。

ジッタ

撮影中にここを押すと、映写機にあるコマずれの効果を得られます。
これがなかなかリアルで驚きます。

音声

動画に音声を入れるか入れないかを設定します。

フラッシュ

フラッシュのスイッチです。

フロントカメラ

フロントカメラ、リアカメラを指定できます。

リールクリップ

ここで今まで撮影したデータを見ることが出来ます。

各フィルターのご紹介

フィルムのフィルターは全12種類あります。

そこで、フィルターの作例を動画にしてみました。
雰囲気伝わりますかね~。

 

撮ってみた

実際に、このアプリで撮影してみました。

レトロでクオリティー高いです!

 

応用編

こちらの動画は、デジカメで撮影した動画を『8ミリカメラ』でダビングして
曲を付けて動画編集ソフトで編集してみました。

雰囲気出てますよね~。

 

オスカー級の映画にも使用!?

実はこのアプリ、オスカーにもノミネートされた、ミュージシャンのドキュメンタリー映画
「シュガーマン 奇跡に愛された男」にも使用されました。

それだけ、映画監督にも信頼を得るクオリティーなんだと思います。

その映画はコチラ↓

 

まとめ

レトロな動画カメラアプリ『8ミリカメラ』をご紹介しました。
いかがでしたか?

これであなたも、映画監督の第一歩を歩めること間違いなし!

この値段で、ハイクオリティー動画が作れますよ~。

iPhoneアプリのダウンロードはコチラ↓

8ミリカメラ
8ミリカメラ
Developer: NEXVIO INC.
Price: ¥240+

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です