カメラのISO、F値、シャッタースピードとは、なんぞや?







カメラを始めると必ず付いて回るのがコチラ!

ISO、F値(絞り)、シャッタースピード

この3つですね。

今回は、それぞれの設定を紐解いていきたいと思います。

ISOとは何だ?

デジカメの場合

デジタルカメラの場合、ISO感度とはデジタルカメラが光をとらえる能力を表す値です。

デジタルカメラは、撮像素子に当たった光を電気信号に変えて処理します。
ISO感度を上げることは、電気信号を増幅することです。ISO感度を2倍にすると電気信号は2倍になります。
ISO感度を2倍にすると撮像素子に当たる光の量が半分で適正露出になります。

つまり、ISO感度をISO100からISO200に上げると、同じ絞り値(F値)であれば2倍速いシャッタースピードで撮影できます。
ISO200からISO400に上げた場合も同様です。
暗い室内などではシャッタースピードが遅く、手ブレや被写体ブレが発生してしまうことがあります。

しかしISO感度を上げれば、シャッタースピードを速くしてブレを抑えることができます。
「暗いシーンでISO感度を上げるとよい」と言われるのはこのためです。
ISO感度は撮影者が決めることも、カメラが自動的に決めるようにすることもできます。

引用:Nikon公式

 

フィルムの場合

フィルム感度は光に対する感応度を示します。

感度は、ISO (国際標準化機構) 数値または露出インデックス (EI) として表します。
数値が高いほど、フィルム感光度が高くなります。 数値が低いほど、フィルムの感光度が低くなります。

高感度フィルムは、低感度フィルムより適正露出の光の量が少しで済みます。
たとえば、ISO 100 のフィルムは ISO 400 のフィルムより感度が低いので、多くの光を必要とします。

フィルムの感度はフィルムの箱、フィルム説明書、またはフィルム マガジンに記載されています。
適正露出を得るには、露出計内蔵カメラでは露出計にフィルム感度をセットします。

引用:Kodak Japan


ISO
の数値は、絞りシャッタースピードの速さに影響してきます。

フィルムカメラの場合
現在1002004008001600
のフィルムが販売されています。(1600は2018/3月で製造終了)

デジタル一眼カメラでは
100~最高409600!!(40万9千6百)
で設定が出来るものまである。

“数値が上がるほど、取り込む光の量が少なくて済む”

だが、しかし

“数値が上がるほど、ノイズが発生する”

要約すると、そうゆうことです。

どちらを取るか、ということですね。
物事には一長一短があるという、この世の法則が
ここでも発見できますね!!

 

絞り(F値)とは何だ?

絞りの調整値はF値で表現される。F値を入光量を2倍とするよう絞りを調整することを「一段開く」、入光量を1/2倍とするよう絞りを調整することを「一段絞る」という言い方をすることがある。「段」を基準にした絞りの単位をアパーチャーバリュー(Av)という。

実際にカメラで使われるF値は、一段刻みならばF1、F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22・・・といった数値が使われる
(1/2段刻み、1/3段刻みなどの場合もある)。

絞りを調整するということは、単に露光量(露出量は、絞りの他に露光時間(シャッター速度)に依存するが)を変化させるだけでなく、被写界深度も変化させることになる。
絞りを絞るほど(F値を大きくするほど)、被写界深度が深くなる(ピントの合う範囲が大きくなる)。
この原理を応用して、パンフォーカスやボケ表現などの表現が可能である。撮影時にはこのことにも注意が必要になる。

また、絞りのF値と開口数は反比例の関係にある。

引用:Wikipedia

絞りとは、レンズからどれだけの光を取り込むかを決める設定です。

絞り羽根を大きくしたり、小さくしたりして
光の量を決めるのです。
その値を『F値』と呼びます。

実際に絞りの値を変化させたサンプルを見ていただきましょう。

F値:F22

F値:F8

F値:F1.7

レンズの光の量の変化が見て取れると思います。

F値が大きくなるにつれて、穴が小さくなり
光の量が少なくなります。

F値を大きくすることを『絞る
F値を小さくすることを『開ける

と言ったりもしますね。

また、絞りはボケ感を表現するときにも大事な部分
数値を小さくするほど、ピントの合う部分が狭くなり
ボケが強調されます。

シャッタースピードとは何だ?

シャッタースピードとは、シャッターが開いている時間のことです。
シャッタースピードは1秒、1/2秒、1/4秒・・・1/250秒、1/500秒のように表します。

シャッタースピードを変えると、動いている被写体の写り方が変わります。
シャッタースピードが速いと、動いている被写体を止めて写せますが、シャッタースピードが遅いとシャッターが開いている間にカメラが動いて手ブレになったり、被写体が動いて被写体ブレになったりします。

つまり、シャッタースピードが速いほど、動いている被写体をブラさずに写し止めることができ、手ブレも少なくできます。

逆に、シャッタースピードを遅くすることで、水の流れなど被写体の動きを表現することができます。
シャッタースピードを変えると、被写体の動きを写し止めるか、動きを表現するかをコントロールすることができます。

引用:Nikon公式

シャッタースピードとは、シャッターが開いている時間のことなんですね。

その名の通りということです。

・・・。

“シャッタースピードが早いほど、瞬間を捉えられる”

たとえば、動いている人や乗り物を撮る場合
シャッタースピードが速いほうが、止まったように写ります。

逆に、流れを表現したいときには
シャッタースピードを遅くして、流れを表現します。

1秒、1/2秒、1/4秒・・・1/250秒、1/500秒

シャッタースピードは、上の数値のように表記されます。

右に行くにつれて、シャッタースピードは速くなります。

まとめ

いかがでしたか?
ISO』『絞り(F値)』『シャッタースピード』について
書いてきました。

カメラを始めたばかりの時は、色んな意味不明な名前が出てきて混乱しますよね。

僕もそうでした。

今回、この記事を書くにあたり
僕自身も勉強になりました。

日々、勉強ですね!

みなさんに、少しでも伝われば嬉しいです。

では。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です