【レビュー】『Kodak Portra 400』は水色がキレイに出るフィルムだった




こんにちは!ろびん(@robintwistland)です。

35mmフィルム『Kodak Portra 400』で撮った写真が良すぎました。
今年の春に、桜を撮ったのですが、ここにきてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Kodak Portra 400とは

アメリカに本社を構えるフィルムメーカー企業「Kodak(コダック)」が発売する写真用フィルムです。

 

ISO 400
撮影枚数 36枚
現像 C-41
 
Amazonなどでは、5本入りパックでしか販売していませんが、バラで販売しているところもあります。
こちらの『ポパイカメラ』では1本から購入できますよ。
 
 

スポンサーリンク

Kodak Portra 400の特徴

Kodak Portra 400』の特徴というと、ポートレート向きなのはもちろんですが、風景写真にもマッチします。

特に、空の色は独特で、透きとおった水色が印象的です。
 
 
インスタグラムの#portra400の投稿

Kodak Portra 400の作例

Kodak Portra 400』の作例をお届けします。

使用したカメラは、CONTAX RX
使用したレンズは、CONTAX Planar  T*85mm F1.4 MM。

銘玉レンズ、CONTAX Planar T*85mm F1.4の描写性

2017.07.06
 

 

 

 
 
空の色の水色がキレイに出ている印象で、コダックらしいノスタルジックな雰囲気が出ています。

まとめ

いかがでしたか?

値段はそれなりにしますが、使いやすいフィルムでもあるので一度は使ってみていただきたいですね。
フィルム写真を楽しみましょう!

では。

【レビュー】Cinestill 50Dというフィルムを使ってみた

2017.11.22

【レビュー】Cinestill 800Tというフィルムを使ってみた

2018.03.01

『Lomography Color Negative 400』は非常に優秀なフィルムだった

2018.08.21

【レビュー】FUJIFILMのPRO 400Hというフィルムを使ってみた

2017.10.26

【レビュー】FUJIFILM NEOPAN ACROS 100という白黒フィルムを使ってみた

2018.03.29






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です