スマホカメラ用マクロレンズで接写撮影してみた







スマホのカメラ機能はますます高性能になってきています。

それに合わせ、スマホレンズなる物も、たくさん出てきていますね。

本日ご紹介するのはコチラ!
Evershop® 15×スーパーマクロレンズ 37 mm スレッド クリップ ホルダー付き 

出典:Amazon.co.jp

 

マクロレンズとは?

通常のレンズより近接撮影が可能なレンズ。マイクロレンズとも呼ばれる。近接時でも解像力が低下しない。最大で写真フィルム,あるいは撮像素子上に実物と同じ大きさ,また半分の大きさ(1/2倍)に写すことができる。35ミリ判の場合,焦点距離 50~60mmを標準マクロ,90~105mmを中望遠マクロ,180~200mmを望遠マクロと呼ぶ。焦点距離が長いほどレンズ先端から被写体までの距離が長くとれるので,近づくのが難しい昆虫や,フラッシュを多用したライティングをする際には焦点距離が長いものを,後ろに下がれない場合や複写などには焦点距離が短いものを使用する。花や昆虫などの自然写真や,料理や小物の撮影に使用されることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典

被写体により近づいて、詳細にピントを合わせて撮影出来るレンズですね。

商品が届いた

Amazonでポチっと注文して、2日で届きました。

Amazonプライム会員の特権ですね。

 

ダンボールを開けると、コンパクトな白い箱が現れました。

その白い箱を開けてみると
・マクロレンズ
・クリップ
・レンズケース
・クロス

が入っておりました。

レンズの裏にある蓋を取って、クリップに取り付けます。

こんな感じですね。

さっそくiPhoneのカメラ部分に取り付けます。

 

Amazonでの商品特徴を載せておきます。

プロフェッショナルレンズはグレア、ゴースト、反射などを低減します。 鮮明で素晴らしい写真が撮れます。

オブジェクトから 1-3 インチの距離を保って、小型のことを拡大された驚きの画面をもつ。肉眼では気づかないような模様や繊維なども鮮明に写すことができる。

クリップ式:便利なクリップ式で、持ち運びにも便利です。また、柔らかいゴム製リング付き、スマホに傷付けません。高品質のアルミ構造で、長く使えます。

幅広く互換性: ほとんどのiPhone やAndroidスマートフォン、タプレットにも対応します。 使いやすい。

作例

持っているiPhone6で撮影して比べてみました。

マクロレンズで撮影サンプル↓

通常レンズで撮影サンプル↓

※ピントがバンビちゃんの足元に合っていますね。

マクロレンズで撮影サンプル↓

通常レンズで撮影サンプル↓

※ピンクの花にピントが合う最短距離

 

マクロレンズで撮影した写真は、背景がキレイにボケて
かなり近づいて撮れました。

アート的な写真や、小さいものを撮りたいときに使えますね。

まとめ

マクロ写真を手軽に体感するには、スマホレンズはオススメです。

いつもと違う写真を撮って、いろんな人に発信しちゃいましょう!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です