天性の声、抜群のセンス!注目の新鋭ミュージシャン、Moses Sumney(モーゼス・サムニー)







ある日の午後、ぼくはいつものようにSpotify
という音楽ストリーミングサービスで音楽を垂れ流していたわけです。

ネットで調べ物をしていたり、ブログを書いているとき
ぼくは、いつもSpotify
という音楽ストリーミングサービスで音楽を垂れ流しているわけです。

いつもなら、音楽はBGM状態で聞き流すのですが

そのときスピーカーから流れてきたサウンドに
心を奪われ、手を止めて聴き入ってしまいました。

アーティスト名を見ると、そこには
Moses Sumney』と書かれています。

Moses Sumney(モーゼス・サムニー)とは

1990年カリフォルニア生まれのシンガー・ソングライター。LAを拠点に音楽活動をスタート。
2013年にジェイムス・ブレイク「Lindisfarne」を多重録音でカバーしネットにアップしたところ、たちまち話題となる。
2014年にデビューEP「Mid-City Island」をリリース。楽譜のみでリリースされたベックのアルバム『ソング・リーダー』を総勢20組のアーティストが演奏したコンピレーション・アルバムにノラ・ジョーンズ、ジャーヴィス・コッカー、ジャック・ホワイトなどとともに参加。
2016年にはピッチフォークフェスティバル出演、ジェイムス・ブレイクやスフィアン・スティーヴンスのUSツアーのオープニングに抜擢。
スフィアン・スティーヴンスとはステージ上でプリンスのカバーを披露した。
2017年、<Jagjaguwar>と契約し待望のデビュー・アルバム『アロマンティシズム』をリリース。

引用:HOSTESS ENTERTAINMENT

アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するSSW(シンガーソングライター)です。

ジェームス・ブレイクのカバーで話題になったとの事ですね。

そして、ジェームス・ブレイクスフィアン・スティーブンス
ライブの前座に抜擢されるなど、すでにその才能は
多くの人に認められています。

2017年に、あのボン・イヴェールも在籍していた名門レーベル
Jagjaguwar(ジャグジャグウォー)から1stアルバム『Aromanticism』を発表しました。

 

おすすめ曲

Lonely World

ダークで冷めた雰囲気が漂うナンバー。

個人的に3分~の徐々に盛り上がる展開が好きです。
このセンスに脱帽です。

Doomed

声とシンセサイザーだけで構成される
バラード。

彼の、真っ直ぐで、感情に訴える声(ファルセットも美しい)
が前面に押し出された名曲です。

Plastic

こちらもシンプル。ゆったりとした陽気なギターとエモーショナルな
歌が印象的なナンバー。

声もリズム楽器の一部というのを体現していて
2つの音だけでもノリがあるんですよね。

染みます。

Moses Sumney(モーゼス・サムニー)の魅力は?

ジャズ・R&B、ソウルなどのブラック・ミュージックをルーツに
インディーロックや民族音楽も混ぜ合わせ
深遠なるサウンドを作り上げています。

また、なんといっても
このピュアで透き通った、かつ力強い自由自在な声ですね。

音域の幅も大きく、繊細な声が心に訴えてくるんです。

ライブも素晴らしいです。
こちらに動画を載せておきますね。

素晴らしい!!

まとめ

今後、ますます目が離せない注目のミュージシャンですよ。

Moses Sumney(モーゼス・サムニー)

みなさん、覚えてくださいね。

来日を期待したいと思います。
ライブはとても見たいですね~。

 

音楽はやはり素晴らしい!
というわけで

では、また。

Spotify

Soundcloud

Amazon







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です