必見の価値あり!おすすめ洋楽ミュージックビデオ(MV)ランキング10




音楽とは切っても切れないミュージック・ビデオ。

曲の良さを際立たせたり、視覚的な表現も担い
Youtube時代の今は、プロモーション的にも重要になっていますね。

今回は、是非見て欲しい必見の価値ありな
洋楽ミュージック・ビデオを10曲、ご紹介します。

 

David Bowie – Blackstar

監督 Johan Renck(ヨハン・レンク)
曲名 Blackstar
アーティスト David Bowie(デヴィッド・ボウイ)

David Bowieの遺作となった2016年1月発売のアルバム「Blackstar」からの
リードトラックです。

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」や「ブレイキング・バッド」の監督も担当したという
ヨハン・レンク監督によるダーク・ファンタジー的なMVです。

不思議なダンス?も出てきて、痙攣した感じも独特ですね。

1,機械的でダークな前半と
2,ポップで明るい雰囲気の中盤
3,そして再び不穏なダークさで終わるという
構成です。

役者としても有名なデヴィッド・ボウイのカリスマティックさに魅了されます。


 

OK Go – I Won’t Let You Down

監督

Kazuaki Seki and Damian Kulash, Jr.

(関和亮&ダミアン・クーラッシュ)

曲名 I won’t let you down
アーティスト OK GO(オーケー・ゴー)

日本の映像ディレクター、関和亮OK Goのメンバー、ダミアン・クーラッシュ
が監督を務めたビデオです。

日本のクリエイティブな人たちが多く参加しているようです。

なんと、全てワンカットで撮影しています。
なかでも、空から地上を映した人間アート?が凄まじかったです。よくこれやったなー!
という感じで呆気に取られてしまいました。必見です!!


 

The Killers – When You Were Young

監督 Anthony Mandler(アンソニー・マンドラー)
曲名 When You Were Young
アーティスト The Killers(ザ・キラーズ)

アメリカの映像作家、アンソニー・マンドラーが監督を務めた
The Killers(ザ・キラーズ)When You Were Youngです。

映画のワンシーンのようなドラマ仕立てですね。
映像のストーリーと曲が、互いの魅力を増倍させていると思います。
また、メキシコ人俳優の演技が素晴らしく、セリフがなくても
グサッと伝わってきます。


 

My Chemical Romance – I Don’t Love You

監督 Marc Webb(マーク・ウェブ)
曲名 I Don’t Love You
アーティスト My Chemical Romance(マイ・ケミカル・ロマンス)

そうそうたるアーティストのMVを数多く手掛け、ボクも大好きな映画「500日のサマー
で長編映画デビューを果たしたマーク・ウェブが監督した
My Chemical Romance(マイ・ケミカル・ロマンス)の「I Don’t Love You

白黒のテーマが浮き立ちますね。ボーカル、ジェラルドの泣きの表情も
曲の中身をうまく伝えていて、何回見ても飽きないアート性の高いビデオだと思います。


 

Foo Fighters – Everlong

監督 Michel Gondry(ミシェル・ゴンドリー)
曲名 Everlong
アーティスト Foo Fighters(フー・ファイターズ)

ラブリーでユニークでハイセンスな作風が特徴の映像作家、映画監督の
ミシェル・ゴンドリーが監督したFoo Fighters(フー・ファイターズ)
Everlong」のMVです。

映画「エターナル・サンシャイン」の監督としても非常に有名ですが
これまでに数々の有名アーティストとMVでコラボしています。

このビデオは「」をテーマに、ユーモラスに描いていて
ゴンドリーワールドが炸裂しています。


 

Björk – Triumph Of A Heart

 

監督 Spike Jonze(スパイク・ジョーンズ)
曲名 Triumph Of A Heart
アーティスト Bjork(ビョーク)

映画監督・脚本家・プロデューサー・俳優として活躍する
スパイク・ジョーンズが監督したBjork(ビョーク)Triumph Of A Heartです。

Bjork(ビョーク)の旦那が猫とゆう設定なのですが、非常に人間っぽく撮っていて
とても斬新な映像です。
どうやって撮影したのだろう…


 

Sleep Party People – A Dark God Heart

監督 Marie Limkilde
曲名  A Dark God Heart
アーティスト Sleep Party People(スリープ・パーティー・ピープル)

この監督の情報が少ないのですが、まだ美術学校に通っているらしい
フィルムメイカーが監督したSleep Party People(スリープ・パーティー・ピープル)
「 A Dark God Heart」です。

最初は、この子供が何をしているのか分かりませんが
後半の盛り上がるところで、それが判明してからの展開が、楽曲の激しさと
絡み合って、なんとも言えない悲しさを生み出しています。

そして最後の演出で救いが生まれる・・・。


 

The Killers – Mr. Brightside

監督 Sophie Muller(ソフィー・ミュラー)
曲名  Mr.Brightside
アーティスト The Killers(ザ・キラーズ)

イギリスの映像作家、ソフィー・ミュラーが監督したThe Killers(ザ・キラーズ)の
Mr.Brightside」です。

ムーラン・ルージュ風の演出が楽曲に非常にマッチしています。
1人の美女に翻弄され、嫉妬などが渦巻く様を描いていますね。

何度も見たくなる中毒性が高いビデオです。


 

Radiohead – Daydreaming

監督 Paul Thomas Anderson (ポール・トーマス・アンダーソン)
曲名  Daydreaming
アーティスト Radiohead (レディオヘッド)

映画監督・脚本家・映画プロデューサーのポール・トーマス・アンダーソン
が監督したRadiohead (レディオヘッド)Daydreamingです。

何かに追われているのか、それとも何処となく彷徨っているのか
自分の居場所を探るように、ひたすら変わる場面の中を歩く
Radioheadのボーカル、トム・ヨークを映していくMVです。

ドキュメンタリーのような映像の質感が、不思議な不気味さを
醸し出しています。


 

Sigur Rós – Leaning Towards Solace ft. Dauoalogn, Varuo

監督 Floria Sigismondi (フロリア・シジスモンディー)
曲名 Leaning Towards Solace
アーティスト Sigur Rós (シガー・ロス)

フォトグラファー・映画監督・映像作家のフロリア・シジスモンディーが監督した
Sigur Rós (シガー・ロス)の「Leaning Towards Solace ft. dauoalogn varuo」です。

これは、主旨がミュージック・ビデオとは異なっていて
シガー・ロスが2012年に発表したアルバム「Valtari」と連動して行った映像企画
「Valtari Film Experiment」の作品として制作されました。

音楽と映像の芸術作品です。
映像が美しく、ショートムービーとしても大変見ごたえがあります。


 

まとめ

やはり、音楽に映像は切っても切れませんね。

では、また。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です