PCで手軽に!画像を圧縮できるフリーソフト『Ralpha Image Resizer』




こんにちは!ろびん(@robintwistland)です。

ブログ用に写真を使うときに、一眼レフのカメラで撮影した画像だと解像度が高いので
重くなって使いにくいですよね。

そんなときは、画像を圧縮してサイズを小さくする必要があります。

そこで、今回ご紹介するのは、画像圧縮フリーソフト『Ralpha Image Resizer』です。

Ralpha Image Resizer

無料でダウンロードできる、画像圧縮ソフトです。

■主な特徴
・SIMD化やマルチコア対応による高速な一括処理 
・αチャンネル付き画像に対応 
・多彩なリサイズアルゴリズム(Lanczos,Spline36,Bicubic,etc. 全9種類) 
・回転、トリミング、縁取り、色調補正、アンシャープマスク、文字入れ、画像の合成・連結等の加工 
・Exif情報、ICCプロファイルの引継ぎが可能 
・連番や写真の撮影日を使用したリネーム 
・Susie Plug-in,WIC(Windows Imaging Component)対応 

■外部ツールと連携する事で追加される機能(jpegtranのみ同梱)
・JPEGファイルのロスレス変換・最適化 (jpegtran) 
・減色 (Yukari, iZYINS, Improved pngnq) 
・PNGファイルの最適化 (pngout) 

■標準対応フォーマット
・入力 JPEG,TIFF,PNG,BMP,GIF,ICO,HD Photo 
・出力 JPEG,PNG,BMP

■動作環境 
CPU Pentium3、Athlon以降のCPU
OS Windows XP SP2以降, Windows Vista, Windows 7
(XP SP2で使用する場合は別途Windows Imaging Componentもしくは.NET Framework 3.0以降のインストールが必要)

引用:Vector

まあ機能はたくさんあるのですが、このソフトの良い所は、

簡単!
超高速!
軽い!

という所なんですよね。

このソフトを使い出してからというもの、画像圧縮はこのソフトだけで行っています。

 

Ralpha Image Resizerをダウンロードしよう

Ralpha Image Resizerをダウンロードする手順を書いていきます。

  1. まずは、下記のVectorのページに行きます。

  2. ダウンロードはこちら』を押します。

  3. ダウンロードページへ』を押します。

  4. このソフトを今すぐダウンロード』を押します。

  5. Zipファイルがダウンロードされるので、解凍して展開します。
  6. フォルダの中の『Ralpha.exe』をダブルクリックで開きます。

 

Ralpha Image Resizerを使ってみよう

では、Ralpha Image Resizerを実際に使って画像を圧縮してみましょう!

  1. Ralpha.exe』を開くと以下のようなソフトが開きます。

  2. 画像を圧縮したい写真のあるフォルダを開き、圧縮したいファイルをドラッグ&ドロップでコピーします。

  3. リサイズしたいサイズを設定します。長辺とは、画像の長いほうのサイズですね。
    自分は、1000pxにしています。


  4. 圧縮した画像をどこに保存するかを指定します。

  5. 下の画像にある緑の実行マークを押すと、一括で全ての画像が圧縮されて保存されます。

  6. すると、先ほど設定した出力先に『resize』というフォルダが出来て、その中にファイルが入っています。

しっかり長辺が1000pxになっています。

すごく簡単でしょう?

しかも、超高速で一括で保存されます。

まとめ

いかがでしたか?

速い!簡単!フリー!と3拍子揃った画像圧縮ソフト『Ralpha Image Resizer』をご紹介してきました。

これで容量の多い写真も、手軽に圧縮してネットに上げる事ができますね。

では、今回はこの辺で!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です