フィルムをシミュレートしたスマホアプリ『RNI Films』が良い!




iPhoneの画像加工アプリ『RNI Films』をご存知ですか?

様々なフィルムをシミュレートしたフィルターを選択するだけで

簡単に味のある写真が出来上がります。

 

アプリをインストールしよう

iPhone用アプリ↓

RNI Films
RNI Films
Developer: RNI
Price: Free+

android用のアプリはないようです。

使い方は?

アプリを起動したら
LOAD PHOTO』を押します。

すると、iPhoneにある画像が出てくるので
加工したい画像を選択します。

上の画像のピンクの枠内のマークを押すと画像比率を変えることが出来ます。
右下の『USE』を押すと編集画面に移行します。

 

上の画像のピンクの枠のマークでフィルタープリセット
を選択できます。

黄色の枠は、各フィルターをまとめるカテゴリーですね。
ここの『< >』で違うカテゴリーに変更できます。

 

上の画像のピンクの枠のマーク(工具の図)で
細かい編集が出来ます。

・明るさ
・コントラスト
・彩度
・粒子の粗さ

・色温度  
などなど・・・。

黄色の枠のスライダーをスライドさせて調整します。

特筆すべきは、『DUST』という項目なのですが
フィルムスキャン時のゴミの混入を再現していて
かなりクオリティーが高くて、逆にオシャレな印象になります。

こんな感じ↑

左の画像(スマホでは上)が元画像、右の画像(スマホでは下)がフィルターをかけて『DUST』を加えています。(クリックで拡大)

ゴミの入り具合はランダムで変更できます。

良い感じに編集できたら、上の画像のピンクの枠のマークで
保存・共有が出来ます。

カメラロールに保存したり、SNSに共有しましょう。

フィルターの作例を見てみよう

無料で使えるフィルターの作例を、カテゴリーごとに
動画にしてみましたので、ご覧ください。

RNI Films Vintage

こちらは『Vintage』というカテゴリーです。

50年代などの古いフィルムをシミュレートしているようですね。
色の出方が独特で個人的に好きです。

RNI Films Negative

こちらは『Negative』というカテゴリーです。

AgfaKodakのカラーネガフィルムをシミュレートしています。

RNI Films Slide

こちらは『Slide』というカテゴリーです。

ポジフィルムのシミュレートですね。
やはりAgfaが多いですね~。

Agfaはドイツのフィルムメーカーで、現在もフィルムが販売されています。

RNI Films Instant

こちらは『Instant』というカテゴリーです。

ポラロイドなどのインスタントカメラのシミュレートです。

RNI Films BW

こちらは『BW』というカテゴリーです。

モノクロフィルムのシミュレートです。

モノクロで有名『ILFORD』などもあり、本格的です。

様々なフィルムをシミュレートしているだけあって
どれも、完成度は高いですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回、ご紹介したアプリ『RNI Films』は気に入って頂けましたか~?
無料でも、かなり遊べると思います。

ワンタッチでフィルムの質感を手に入れよう!

では。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です