宇宙を感じられるオススメSF映画(洋画)7選







こんにちは。宇宙大好き、ろびんです。

日常生活において、何か悩みを抱えたとき
僕は宇宙のことを考えてみます。

そうすると、そのとき抱えている悩みなんて、とても
小さく思えてくるものです。

本日は、そんなときに見たい『宇宙を感じられるオススメ海外SF映画(洋画)』を
7つ紹介したいと思います。

2001年宇宙の旅

公開 1968年
時間 2時間29分
監督 スタンリー・キューブリック
主演 キア・デュリア

スタンリー・キューブリックが監督・脚本を手掛け
1968年にアメリカで公開されたSF映画。

SF映画の金字塔として今もなお語り継がれる名作です。

凄まじい映像美壮大なテーマで見るものに未知なる扉を開く
傑作です。
何度も見ることをオススメします。

インターステラー

公開 2014年
時間 2時間49分
監督 クリストファー・ノーラン
主演 マシュー・マコノヒー

クリストファー・ノーランが監督を務めた2014年公開のSF映画。

マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、マイケル・ケインなどの
豪華キャストが結集した大作です。

理論物理学者のキップ・ソーンが制作に加わっていて
ワームホール相対性理論重力場ブラックホールなどの
物理学が盛り込まれています。

ですが、テーマの核となるのは、『家族愛LOVE』!!
なんです。あくまで人間ドラマを描いているので、とっつきやすいんですよね。

また、マシューの演技が凄いです。引き込まれますよ。

※豆知識※ この映画、元々はスティーブン・スピルバーグが監督を務める予定だったらしいです。

オデッセイ

公開 2015年
時間 2時間21分
監督 リドリー・スコット
主演 マット・デーモン

マット・デーモン主演、『エイリアン』の監督としても有名な
リドリー・スコットが監督を務めたSFサバイバル映画。

火星に独り取り残された、マット・デーモン扮するマーク・ワトニー。

NASAが有人探査機を火星に送るのは、なんと4年後!!

だが、マークは諦めなかった。
火星でたった独りで繰り広げられるサバイバルに息を呑む

 

月に囚われた男

公開 2010年
時間 1時間37分
監督 ダンカン・ジョーンズ
主演 サム・ロックウェル

デヴィッド・ボウイの息子!でもある、ダンカン・ジョーンズの長編初監督作品。

出演は、ほぼサム・ロックウェル1人という低予算映画。

月に独り派遣され、淡々と作業をする毎日。
残り2週間で地球に帰れるというときに・・・・。

2001年宇宙の旅」の雰囲気を感じるミステリー色の強い作品です。

ゼロ・グラビティー

公開 2013年
時間 1時間31分
監督 アルフォンソ・キュアロン
主演 ジョージ・クルーニー

この映画、劇場で見たのですが、心臓に悪い映画でした(笑)

宇宙空間パニック映画です。

サンドラ・ブロックジョージ・クルーニーというラブ・ロマンス映画ですか?
と言わんばかりの配役ですが、そんなことは全くない映画です。

とにかく迫力が凄いです!撮り方が工夫されていて
臨場感を感じながら、まるでその場にいるような感覚で見ることが出来ます。

テーマになっているのは、『あきらめない』『生き抜く』という人間らしさです。

スター・トレック イントゥ・ダークネス

公開 2013年
時間 1時間12分
監督 J.Jエイブラムス
主演 クリス・パイン

海外ドラマの『LOST』の制作・監督としても有名な、J.Jエイブラムスが監督を務めた
スター・トレック イントゥ・ダークネス』。

スター・トレック新シリーズの2作目ですね。壮大なスケールで描かれる、まさに現代のSF作品という感じで、スター・トレックをあまり知らなかった僕でもすごく楽しめました。

コンタクト

公開 1997年
時間 2時間29分
監督 ロバート・ゼメキス
主演 ジョディー・フォスター

1997年に公開された、ジョディーフォスター主演、ロバート・ゼメキス監督の『コンタクト』。

若き日の、マシュー・マコノヒーも出演しています。

恒星『ヴェガ』から発信される信号を解読し、まだ見ぬ星へ、研究者エリナー・アロウェイ
(ジョディー・フォスター)が果敢に挑む!
科学・宗教・政治が絡み合う、SFドラマの大作です。

 

まとめ

気になる映画は見つかりましたか?

宇宙は日常を忘れさせてくれる力があります。
映画にも、日常を忘れさせてくれる力があります。

現実世界に少し疲れたら、映画で現実逃避もいいかもしれません。

映画で宇宙を感じてみませんか?

では。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です