ソフトに踊れる良質な洋楽インディーミュージック9選




こんにちは!ろびん(@robintwistland)です。

人生生きていると、踊りたくなるときはあるものですよね。
今回は、そんな皆さんのために、ソフトに踊りたくなるような良質な洋楽インディーミュージックをご紹介していきますよ!

あくまで”ソフト”に踊りたくなるような音楽ですんで、よろしくお願いします。

 

A Beacon School – It’s Late

ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動するPatrick J Smith
によるソロ・プロジェクト”A Beacon School”の『It’s Late』。

電子音のループとバスドラムのアタックが強調されたリズムの上に、囁くようなシューゲイズ感のあるボーカルが重なる。


 

Bonobo : Outlier

ジャンルを超えて、様々なアーティストからリスペクトされる存在の
Simon Green(サイモン・グリーン)によるソロ・プロジェクト、Bonobo
2017年にリリースされた『Migration』からのトラック『Outlier

緊迫感のあるフレーズと、優しい旋律が、無機質なリズムと溶け合う。


Jamie xx – Sleep Sound

The XXのメンバーであり、音楽プロデューサーでもある”Jamie xx“の
2015年にリリースされた『In Colour』からのトラック『Sleep Sound

スタイリッシュな音楽センスを発揮しており、少ない音数ながら陶酔するような
音の空間に迷い込まされる。

 


 

shallou – Vignette

イリノイ州シカゴ出身のJoe Bostonによるエレクトロ・プロジェクト”shallou“の
2018年にリリースされた『Souls』からのトラック『Vignnete

清涼感のあるエレクトロな雰囲気とエモーショナルな面が融合し、躍動感のある
楽曲に仕上がっている。

 


 

Jungle – Happy Man

ロンドンのエレクトロ・ソウル/ファンクバンド”Jungle“の2018年にXL Recordings
からリリースされたシングル『Happy Man』。

ソウルフルでノリの利いたリズム、少しかすれたファルセットボイスが盛り上がりますね。

 


 

Hot Chip – How Do You Do?

イギリスのエレクトロ・ポップバンド”Hot Chip“の2012年にリリースされたアルバム
In Our Heads』からのトラック『How Do You?』。

低音の効いたバスドラムが心地よい、そしてチープな電子音、ポップなボーカルが重なる。

 


 

Django Django – Default

イースト・ロンドンを拠点に活躍するアート・ロック・バンド”Django Django“の
2012年にリリースされたアルバム『Django Django』からのトラック『Default』。

サイケデリックな音世界に、特徴的なリフが映える楽曲。思わず体が動きます!

 


 

Ruck P – Destination

スイスのトラックメーカー”Ruck P”の『Destination』という曲です。

クラブで鳴っていそうな、まさにソフトに踊りたくなる一曲です。

 


 

Rubblebucket – Fruity

ニューヨーク・ブルックリンのファンクバンド、”Rubblebucket“の2018年にリリースされた
シングル『Fruity』からの楽曲です。

切ない思いを、吐き出すような、憂いを帯びた楽曲です。ボーカルの声がまた良くて
感情が揺さぶられます。
全てを忘れて踊りましょう!

 

最後に

いかがでしたか?

ソフト”に踊れる洋楽インディーミュージックを9曲後紹介しました。
たまには、何も考えずに踊ってみませんか?

では。

Spotifyプレイリスト↓

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です