ピュアネスと哀しみを奏でたロックミュージシャン『Sparklehorse(スパークルホース)』




みなさん、こんにちは。

みなさんは『Sparklehorse(スパークルホース)』というミュージシャンを
ご存知でしょうか?

知ってる人は知っている、という感じな
少々マニアックな存在なのかも知れません。

少しでも多くの人に、Sparklehorse
の音楽を知ってほしいと思い、今回記事にしました。

Sparklehorseとは?

Mark Linkous(マーク・リンカス)という人物が中心メンバー
として活動していたバンド、というか
ソロ・プロジェクトですね。

1995年に『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』というアルバムでデビュー。

アメリカンミュージックの懐かしさと
ポップネス
そして実験性を掛け合わせた絶妙な
を生み出しました。

そして、翌年1996年には『Radiohead』の
ヨーロッパツアーのオープニングアクトを務めることになります。

※1996年というとRadioheadが『The Bends』を出した翌年のことで
かなりの注目が集まっていた時期でもある。

他のミュージシャンからも絶大な支持を多く得ていて
様々なミュージシャンがアルバムに参加するなどしています。

1995年から2006年まで、オリジナルアルバムを4枚リリースしました。

それ以外でも、色んなミュージシャンとコラボしたり
ダニエル・ジョンストンのトリビュートアルバムをプロデュース
するなど、精力的に活動していましたね。

しかし、2010年3月6日、マーク・リンカスが自ら命を絶った事で
その活動に終止符を打ちました。

今日3月6日がちょうど、Sparklehorse(スパークルホース)こと
マーク・リンカスの命日です。

僕とSparklehorseとの出会い

僕とSparklehorseの出会いはというと

当時僕は、イギリスのバンド『Radiohead』が大好きだったんですが
そのメンバーがSparklehorseについて
語っていたり
そのRadioheadのヨーロッパツアーのオープニングアクトを務めたことを知り
かねてから興味がありました。

そしてある日、中古CD屋さんでCDを
漁っていたら
偶然にもSparklehorseと書かれたアルバムを発見し購入!
それが出会いです。
※当時はスマホもないし、CDが主流の時代でした。

それがこちらの『Good Morning Spider
です。

 
このアルバムは、僕の人生に影響を与えたアルバムとして
今なお、語り継がれています。

Sparklehorseのオススメ曲5選

It’s A Wonderful Life

3枚目のアルバム『It’s A Wonderful Life』からのリードトラック。
ノイズサンプリングをループさせ、シンプルなリフ、囁くような歌が乗る
スローテンポナンバー。

Sunshine

2ndアルバム『Good Morning Spider』に収録された曲。
シンプルなコード進行で、普遍的な中にも実験的な要素を加えた
名曲ポップソング。

Spirit Ditch

1stアルバム『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』に収録されたバラード。
ギターのアルペジオと歌が、悲しく美しく優しい旋律を奏でるスローナンバー。

Pig

2ndアルバム『Good Morning Spider』の1曲目に収録された曲。
歪んだ歌とギターリフが炸裂する狂気的ロックソング。
ミュージックビデオも狂気じみている。

Sick Of Goodbyes

2ndアルバム『Good Morning Spider』に収録された軽快なロックソング。
卓越したメロディーセンスを披露している。

Sparklehorseの魅力とは?

Sparklehorseの魅力は、たくさんありますが

特徴的な囁くような歌
ピュアネスと狂気的な2面性
アナログライクな音
シンプルの中に散りばめる実験性
悲しみを振り絞るような歌い方

マーク・リンカスという人間が
その音楽から伝わってくるほど、生々しく
そして優しく、幻想的な音楽性に心を奪われます。

 

Sparklehorse関連の作品

Sparklehorseのオリジナル作品、
プロデュース作品
コラボ作品などをご紹介します。

オリジナルアルバム

1stアルバム『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』

2ndアルバム『Good Morning Spider』

3rdアルバム『It’s a Wonderful Life』

4thアルバム『Dreamt for Light Years in the Belly of a Mountain』

プロデュース作品

The Late Great Daniel Johnston: Discovered Covered

こちらの作品は、マーク・リンカスが敬愛するアーティスト
ダニエル・ジョンストン』の
トリビュートアルバムをプロデュースした作品。

見ての通り、そうそうたるミュージシャンが参加しています。

コラボ作品

In The Fishtank 15

ノイズエレクトロな
インストゥルメントミュージシャン
Fennez』とコラボレートしたアルバム。

Dark Night Of The Soul

Sparklehorse(スパークルホース)こと
マーク・リンカス、Danger Mouse(デンジャーマウス)
David Lynch(デヴィッドリンチ)

コラボレートしたプロジェクト
Dark Night Of The Soul

一曲ごとに違うミュージシャンを
フィーチャーして
作り上げたコンセプトアルバム。

マーク・リンカスデンジャー・マウス
ソングライティング
デヴィッド・リンチがヴィジュアルを担当しました。

すごい組み合わせ!!

 

まとめ

Sparklehorseは、僕の人生においてとても
大切な存在です。

彼の音楽は僕の人生に、光や希望を与えてくれました。

Sparklehorse(マーク・リンカス)は、
今はもうこの世にはいませんが
彼の存在と音楽は、一生僕の心に在り続けるでしょう。

ありがとう、Sparklehorse!!

P.S これは本当に狙ったわけでもなく
偶然なのですが
今日3月6日がSparklehorse(スパークルホース)ことマーク・リンカス
命日でした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です