豊島は最高にアートで癒しの島だった







こんにちは!ろびん(@robintwistland)です。

ちょっと前、5月のものすごく天気の良い日に、香川県の島『豊島』に行ってきました。

写真を撮ってる人や、海外の人にも人気の島ということで楽しみにしてましたが
とても素晴らしい所でした。

今回は、そんな『豊島』をご紹介していきます。

豊島とは?

穏やかな瀬戸内海に位置する豊島は、面積14.5m²、人口約800人の島です。
島の中央にそびえる壇山からは湧水が出ており、古代から現在に至るまで豊島の稲作、農業、そして人々の生活を支えています。
近代に入ってからは酪農が栄えたこともあり「ミルクの島」と呼ばれ、戦後間もなく先進的な福祉施設ができたことから「福祉の島」としても知られてきました。
1970年代から始まった産業廃棄物の不法投棄は、全国的にも最大規模の産廃問題となりましたが、不法投棄された廃棄物の処理もすすみ、環境の再生を目指した取り組みが続いています。
2010年には豊島美術館をはじめとする現代アートの施設もでき、国内外から多くの方が訪れています。

引用:豊島観光ナビ

岡山県と香川県の間に位置する、豊かな島と書いて『豊島(てしま)』と読みます。
東京に同じ漢字の地区『豊島(としま)区』がありますが、読み方が違います。

近くには、同じくアートの島で有名な『直島』や『小豆島』がありますね。

とにかく自然がいっぱいで、空気が澄んでいて心が晴れやかになる、そんな所です。

どうやって行けるの?

豊島へのアクセスは、船で行きます。
香川県の高松港岡山県の宇野港の2ヶ所から行く事ができます。

引用:豊島観光ナビ

自分は、岡山県の宇野港から行きました。

宇野港は岡山県玉野市にある港です。

宇野港へは岡山駅、倉敷駅から共に車で約1時間程度で行く事ができます。

豊島には家浦港唐櫃港の2つの港があり、そのどちらかで降りる事になりますが
自分は、美術館や有名なスポットである『坂道カーブ』が近くにある唐櫃港で降りました。

車でも行く事は出来ますが、おすすめはしません。
まず、止めるような所はありませんし、道も狭いので不便なだけだと思います。

神秘的なアートを体験する美術館

豊島での1つのハイライトと言ってもいいぐらいに刺激を受けた場所。
それが、『豊島美術館』です。

形はドーム状の建物で、丸い空洞が2つほどあって空が見渡せます。

2010年に、アーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛によって建てられました。

まず入り口で靴を脱いで入ります。写真撮影も禁止なため入り口でカメラを専用ケースに入れさせられて持たされます。
(何故か携帯はOK)

私語も禁止なので、人は多くても、とても静かです。

正直、全く情報を得ずに入ってしまったので、最初は何の美術館か、よくわかりませんでした。
床のあちらこちらに水滴の水溜りがあるのに気付かずに、踏んでしまいました。(靴下びしょびしょ)

この水滴が、まるで生きているかのように動いたりしていました。

館内では外国人観光客が圧倒的に多く、みんな寝ていたり、座ってその空間を感じたり
思い思いの時を過ごしていましたね。

この美術館、何ともいえない空間なのですが、鳥のさえずりや水滴が落ちる音が建物に響いていて
不思議な音響効果が生まれていたんですよね。

美術を見るというより、アートを体験する場所ですね。
あらゆるモノと一体化するような、心が落ち着いて軽くなるような不思議な感覚を味わいました。
ここはオススメですよ!

また来たいな~。

豊島美術館

開館時間 3月1日 〜 10月31日
10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
11月1日 〜 2月末日
10:00 〜 16:00(最終入館15:30)
休館日 火曜日(3月1日〜11月30日)
火曜日と水曜日(12月1日〜2月末日)
※ただし祝日の場合は開館、翌日休館
※ただし月曜日が祝日の場合は、火曜日開館、翌水曜日休館
鑑賞料金 1,540円
※15歳以下無料
電話番号 0879-68-3555
公式ホームページ http://benesse-artsite.jp/art/teshima-artmuseum.html

ランチ

引用:島キッチンウェブサイト

ランチは『島キッチン』というところで頂きました。

古民家風の建物で、日本を感じられる内装が心地よかったですね。

住所 香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃1061
電話番号 0879-68-3771
営業時間 金~日 10:30~16:30
定休日 毎週月曜日、毎週火曜日、毎週水曜日、毎週木曜日
特徴 全席禁煙 ランチあり
ランチ予算 ~2000円

 

写真スポット

豊島には、広がる海や自然など、写真スポットとしても有名ですね。

こちらは、美術館近くの坂道カーブです。
インスタでも有名な撮影スポットですね。

 

. Film photo featured Post @watashi_16 Film photo only #Pics_Film

Only Beautiful Thingsさん(@pics_film)がシェアした投稿 –

こちらは美術館入り口の小道

大きく広がる海

こちらは美術館の隣にあるカフェの天窓。
写真撮影可です。

 

一歩入れば、こんな山の自然も味わえる。

かわいい猫にも遭遇。

変わったアートもあちらこちらに!

まとめ

いかがでしたか?アートの島『豊島』について書いてきました。

今回は、家浦周辺には行けなかったのが残念でしたが、次回はこの辺も行ってみたいです。
ほんとに素晴らしい所で、また来たいと思わせてくれる島です。

是非みなさんも行ってみてくださいね。

では。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です