謎の写真家、ヴィヴィアン・マイヤーの類まれなる才能







出典:Official Site Of Vivian Maier

 

それは2007年に、ひとりの青年、ジョン・マルーフがオークションで
ネガフィルムを見つけ、その写真をネットにアップしたところから始まります。

その写真の撮影者の名は
ヴィヴィアン・マイヤー

僕は、この謎の写真家のことを、ある映画で知る事になります。

ヴィヴィアン・マイヤーを探して

冒頭でも名前が出た、ジョン・マルーフが監督を務めた
ヴィヴィアン・マイヤーに迫ったドキュメンタリー映画です。

このジョン・マルーフ、すごい行動力と好奇心に溢れています。

歴史の資料として、競売場で落札した大量の
ネガフィルム
最初はその価値は解らなかったが、写真SNSであるFlickrに写真を掲載したところ
世の中に反響を持って迎えられます。

ネット世界の素晴らしい面ですね。

そして、写真展写真集映画まで製作してしまうという行動ぶりです。

世に出したい、という思いで必死だったと語っています。

2018.1.17現在Huluで配信中

 

ストリート写真

ヴィヴィアン・マイヤーが好んで撮っていた写真は、ほぼストリート写真です。

ストリート写真とは、街中で見知らぬ人や風景に焦点を当て、アートとして切り取ります。

白黒写真が多いですが、カラー写真もいくつかありますね。

出典:Official Site Of Vivian Maier

 

彼女の作品は、人間の内面を見事に写真として収めている気がします。

感情を切り取っているような、見るものに本質を見せ付けているような・・・。

そんな気にさせられます。

人物像

ヴィヴィアン・マイヤー(1926年2月1日〜2009年4月21日)ニューヨーク生まれ

映画の中で、彼女に関わりのあった人々のインタビューがあるのですが
みんな、口を揃えて言うのが、『変わり者』ということです。

優れたアーティストには、そういう他人とは違う、危うさや繊細さ
などを抱えた人が多いのも事実だと思います。

実際に、どうだったかはわかりませんが
映画を通して感じる彼女の印象は、心に抱えた闇葛藤表現への欲求孤独
などを感じ取ることが出来ます。

それが、彼女の写真に投影されているのが伝わってきます。

職業は『ベビーシッター』を
していたそうです。

こんな写真をベビーシッターが!!と驚きますよね。

決してプロの写真家というわけではなかったみたい。

生涯、10万以上の写真を残したと
されています。

 

愛用カメラ

出典:Wikipedia

ヴィヴィアン・マイヤーが愛用していたカメラの1つが、コチラのカメラです。

Rolleiflex(ローライフレックス)

このカメラは2眼レフカメラといって、
中判フィルム(120フィルム)を使用し撮影します。

この2眼レフカメラで撮れる写真は『6×6』というサイズで
真四角サイズの写真になります。

下の写真のように、カメラの上にファインダーがあり、真上から覗いて
構図、ピントを決定して撮影します。

下から見上げるような構図になるので、撮られる方も
警戒しないという利点がありますね。

このカメラの存在も、あの迫力のある人物写真に
一役買っていることは間違いありません。

まとめ

大量の写真を撮って、1つも世間に公表しなかった謎の写真家
ヴィヴィアン・マイヤーについて書いてきました。

彼女の死後、ひとりの青年によって写真は公表され、大絶賛されることになります。

本人が公表したかったか、そうでないかは知る術はありませんが
少なくとも、僕はこの写真たちを見ることが出来て良かったと思います。

では。

映画DVDはコチラ

 

写真集はコチラ

 

写真はコチラで見れますよ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です