オーディオブック、Audibleを使って感じた、本を聴くということ。




どーも!

読書は、いろんな知識を得られ
学ぶために必要なことだと思います。

最近、Audibleというオーディオブックサービスを知り
無料体験してみました。

一般的な書籍から、なんと漫才や落語まであるんですね。

今日は、そのAudibleを使用してみた感想を書いていきますね。

オーディオブックとは?

まずオーディオブックとは、書籍を朗読したものを録音した音声コンテンツです。

昔から、カセットテープやCDなどのメディアでもありましたが
インターネットの普及に伴い、ネットでのダウンロード版も出てきました。

iTunesでは、『オーディオブック』というジャンルがあるほど。

近年、スマートフォンの普及でさらに需要が高まってる印象です。

Audibleとは?

アメリカ発のデジタル書籍配信サービス。

世界中7カ国で提供されており
日本では、2015年にサービスを開始しました。

サービス概要

料金 月額1,500円(定額制)
タイトル数 1万以上
キャンペーン 最初の1ヶ月は無料

月額1,500円でダウンロードし放題が高いかは、人それぞれだと思います。

登録はコチラから
Audible

Amazonアカウントを持っていれば、そのアカウントで
登録できます。

スマホアプリもあるので、通勤・通学中など移動中に聴く
といった活用が出来ますよね。

iPhoneアプリ

Androidアプリ

Audiobooks from Audible
Audiobooks from Audible
Developer: Audible, Inc
Price: Free

アプリを起動して、好きな本をコンテンツから探して
ダウンロードすれば、いつでもどこでも聴くことができます。

アプリの使い方

Audibleアプリの便利な使い方を、Youtubeで見つけましたので
載せておきます。

 

使ってみた感想は?

Audibleを使ってみた感想ですが、けっこう良いです。

僕は、オーディオブック自体が初めてだったので
本を聴くという行為が、すごい新鮮でしたね。

一方でタイトル数が少ないな、と感じました。

僕が読みたいジャンルは、自己啓発系なんですが
あまり多くはないんですよね。

今後に期待です。

こんな人におすすめ

オーディオブックは、こんな人にオススメです。

通勤・通学時間に学びたい人
満員電車移動の時間を持て余している人
運転中を活用して読書したい人
家事をしながら読書したい人
本を読むのが苦手な人、聴くなら簡単

特に、手が塞がっているときに
耳で本を聴くことで、時間を有効活用出来るということですね。

おすすめタイトル

人を操る禁断の文章術 

自分を操る超集中力

デール・カーネギーの人を動かす方法

 

まとめ

オーディオブックは、リーディングブックと併用すれば
時間も有効に使えて、読書を楽しめますね。

読んだ本を、再度耳で聴くと
新たな発見があるかも知れません。

読書を耳でも楽しみましょう。

では。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です