動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』レビュー【PR記事】




どーも、ろびんです。

これから、動画編集を始めたい!というかたも多いと思います。

そこで今回【EaseUS Software】様より、動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』の製品版を提供いただきましたので、レビューしていきたいと思います。

とても直感的に簡単操作できる動画編集ソフトでした。

スポンサーリンク

動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』とは

フリーソフトでも高性能なソフトを開発・発売するソフトウェア会社【EaseUS Software】が発売する、動画編集ソフトです。
直感的に操作出来て、おしゃれな動画が簡単に作成することができるPCソフトです。

※Windows限定のソフトになります。

多彩な機能がこれ1本に集約されています。

システム要件

Windows 7/8/10

対応する動画/音声フォーマット

動画 – avi、mpeg、wmv、mp4、movなど

音声 – wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、oggなど

対応する写真のフォーマット

bmp、jpg、png、gif、tif、heicなど

対応するデバイス

ポータブルデバイス:Apple、Samsung、HTC、SanDisk、Sony、LG、Huawei、BlackBerry、Amazonなど

Windows Media Player 11及びそれ以降のバージョン

DirectX: Microsoft DirectX 9.0c及びそれ以降のバージョン

スポンサーリンク

動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』で動画を編集してみた

EaseUS Video Editor』を起動すると、動画のアスペクト比を3種類の中から選択する画面になるので、いずれかを選択します。

ソフトがアクティベートされていません」という表示が出てきます。

すでに購入済みの方は、【アクティベート】を押してコードを入力してください。
無料体験の方は、【試用】を押してください。
購入したい方は【今すぐ購入】を押して購入します。

シンプルな編集画面

そしてこちらが、『EaseUS Video Editor』のトップ画面です。
とても感覚的に操作できるユーザーインターフェースで、とっつきやすそうな感じです。

編集画面は、初心者の方でも簡単に操作できるように、3つのセクションで設計されています。

とてもシンプルですよね。

素材データ

左上に、素材データのセクションがあり、ここに動画ファイルをインポートします。
このセクションには他にも素材のテンプレートが揃っています。

・テキスト
・フィルター
・オーバーレイ
・画面切り替え
・オンライン素材
・ミュージック

テキスト

ここには、タイトルやテロップの文字入れのテンプレートがあり、手軽におしゃれな文字を簡単に入れることが出来ます。

タイムライン上のテキスト素材をダブルクリックで、テキストやフォントなどを編集できる画面が出てきます。

フィルター

ここでは、動画にエフェクトをかけられるフィルターが揃っています。
かなり高性能なフィルターなので、一瞬にして特殊な効果を動画に加えることが出来ますよ。

オーバーレイ

ここでは、動画に画像素材を重ねることが出来るオーバーレイが揃っています。
特殊で面白い演出を加えることが出来ますよ。

画面切り替え

ここでは、動画素材を切り替えるときのトランジジョンが揃っています。
種類も豊富で、雰囲気のある演出に欠かせないものですね。

オンライン素材

ここでは、古い映画の冒頭で使われているカウントダウン素材や、ちょっとした演出に便利な素材が揃っています。
ちょっとしたアクセント付けに使えそうです。

ミュージック

ここでは、動画編集に欠かせない音楽が豊富に揃っています。
効果音などもあるので、様々なシーンで使えます。

プレビュー

ここで編集したタイムラインの動画や、各素材をプレビューすることが出来ます。
再生、停止、早送り、巻き戻し、音量調節、全画面表示を操作できます。

タイムライン

ここに素材をドラッグ&ドロップして、動画を編集していきます。

テキストやフィルターなどの素材も、ドラッグ&ドロップでタイムラインに組み込みます。

タイムラインは、各素材ごとに分けられているので、非常にわかりやすくなっています。

タイムライン上で編集

タイムライン上での編集項目を見ていきましょう。

元に戻す

編集した操作を戻すことが出来ます。

編集

素材データを編集することが出来ます。
スローモーションにしたり、色味を変更できます。逆再生もできます。

分割

動画素材を分割してカットできます。

削除

素材を削除できます。

クロップ

動画素材を切り抜きすることが出来ます。不要な部分をカットできるんですね。

モザイク

動画素材にモザイクをかけることが出来ます。範囲も決められるので重宝しそうです。

モザイクをかけてみました。

範囲を決めてモザイクをかけれます。

フリーズフレーム

カーソルを合わせてこのボタンを押すと、静止画を挿入することが出来ます。

アフレコ

これは画期的だと思ったのが、このソフト上で動画を流しながら音声を録音することが出来るんです。
動画にあとから説明を入れるときに非常に便利な機能です。

出力

編集した動画を出力できます。

ファイル形式も複数の中から選択できます。
こちらもすごくシンプルですね。

品質も選択できます。
解像度などの設定も細かくできます。

どのプラットフォームで使用するかでも選択可能です。

動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』を利用してみた感想

動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』を利用してみた感想ですが、まず直感的に操作できる編集画面がいいなと思いました。

これは、動画編集の初心者の方にも操作しやすい要因になっています。

フィルターや音楽などの素材もそれなりにあるので、用途に合わせて使うことが出来ます。
テキスト素材は、使える素材は数種類かな~といった感じで、クオリティーはさほど高くはないです。

音楽データは、時間が短いものが多く、BGMにピッタリの楽曲が多い印象でした。
効果音もあるので、演出に使えますね。

このソフトは、動画編集に必要な要素が集約しているので、このソフトですべて完結できるというのがいいんですよね。

あと、動画編集ソフトにありがちな動作の重さはなく、ストレスフリーで操作できました。
もちろん、それなりのPCスペックは必要だと思います。

Windows限定のソフトなので、Macでは利用できません。

Windowsユーザーの、動画編集ソフトの選択肢の一つになるんではないでしょうか。

商用利用が可能

『EaseUS Video Editor』は、商用利用が可能な動画編集ソフトです。

例えば、YouTubeで収益を得るためにも利用できるということですね。

『EaseUS Video Editor』の永久版は9,590円なんですが、他社の動画編集ソフトの「Wondershare Filmora」の商用永久ライセンス版は、14,900円なので、料金的には『EaseUS Video Editor』のほうがお得になっています。

動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』の購入方法

動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』には無料体験版と製品版があります。

まずは、こちらのリンクから専用ページに行きます。

EaseUS Video Editor

下にスクロールしていくと、下の画像のように【Trial】と【Pro】というプランが選択できます。

無料体験版では、使える機能が限られてきます。
使える素材に制限がかかり、ウォーターマークが付きます。
あくまでも体験する用途になっているんですね。

製品版は、すべての機能を制限なく利用できます。
Pro】の「今すぐ購入」を押すと、3つのプランを選択するページに飛ぶことが出来ます。

・1ヵ月間ライセンス 3,590円
・1年間ライセンス 5,990円
・永久ライセンス 9,590円

このなかからお好きなプランを選択して「今すぐ購入」を押して購入することが出来ます。
ずっと使う予定なら、「永久ライセンス」がいいと思います。
 
支払い方法は
 

・クレジットカード
・PayPal
・コンビニ決済

に対応しています。

納品形式

購入すると(クレジットカードかPayPal)、ダウンロードURLとライセンスコードがメールで届きます。
そのライセンスコードを、『EaseUS Video Editor』を起動して入力すると利用することが出来ます。

まとめ

動画編集ソフト『EaseUS Video Editor』は、直感的に操作が出来て、多機能なソフトでした。
動画編集ソフトは難しいイメージがありますが、このソフトは初心者の方にもおすすめできるPCソフトです。

気になったら、まずは無料体験で試してみてください。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です