フィルム風の写真アプリ『HUJI Cam』でレトロな写真を撮ろう!




こんにちは!ろびん(@robintwistland)です。

フィルムカメラで撮る写真って、味があっていいですよね~。
実際、ぼくはフィルムカメラで写真を撮ったりします。

がしかし、フィルムで撮ると、現像という工程を経なければ写真にはなりませんね。

そこで、手軽にスマホでフィルムの質感で撮影できるアプリが数多く存在しています。

以前、ご紹介した『Gudak Cam』もその1つですね。

使い捨てフィルムカメラ再現アプリ『Gudak Cam』。使い方も紹介します。

2017.12.10

で、今回ご紹介するのは、『Huji Cam』というアプリです。それでは、いってみましょう!

スポンサーリンク

Huji Camとは?

Manhole,inc.という会社がリリースする、iPhone/Androidの写真撮影アプリです。

写ルンです』のような、フィルム風の写真が撮れると話題のアプリです。

HUJI Camは、あなたの瞬間を、古い思い出を持つアナログ映画の感情として貴重なものにします。
あらゆる時代のカメラメーカーは、常に最高の瞬間を捉えようとしました。
そのような努力は1998年にも続き、それによって我々の記憶はより明確になった。

HUJI Camは、鮮やかで活気のある写真として貴重な瞬間を残すために努力しています。

引用:iTunes Store

スポンサーリンク

Huji Camを使ってみよう

それでは、『Huji Cam』を使ってみましょう。

アプリをインストール

iPhoneはこちら

Huji Cam
Huji Cam
Developer: Manhole, Inc.
Price: Free+


Androidはこちら

Huji Cam
Huji Cam
Developer: Manhole, Inc.
Price: Free

各種操作

まず、アプリを起動すると、このような画面が出てきます。
非常にシンプルです。各種項目を見ていきましょう。

右下にあるのが「シャッター」です。
ここを押して撮影します。

シャッター」の上にあるのが「フラッシュ」です。
ここを押すと、スマホのライトが付いて明るく撮影できます。

 

左上にあるのが「ファインダー」です。めちゃくちゃ小さいです!
これは、ひとつの演出でしょうね~。

でも、ご安心ください!
この「ファインダー」に目を近づけるか、「ファインダー」をタップすると、下の画像のようにライブビュー出来るようになります。

下の画像の赤枠のアイコンを押すと、カメラの向きを切り替えできます。
セルフィーを撮るときに便利です。

下の画像の赤枠のアイコンは、「ランダムライト」のON/OFFボタン。

これは何かと言うと、フィルム撮影の1つの手法としても定着しているフィルムを一瞬光にさらすと、一部分が『感光』して赤い色が乗ります。

この写真は、実際にフィルムで感光させて撮った写真です。

こんな感じになります。
この機能は、これを再現しているんですね。

下の画像の赤枠のアイコンは、「セルフタイマー」。3秒・10秒で設定できます。離れてセルフィーを撮るときに重宝しそうです。

一番下にある『・・・』で、写真の品質を設定できます。オリジナル / 低いのどちらかで設定できます。
個人的には低いにしたほうが味のある写真が撮れると思います。

撮った写真は、右上にある『Lab』で確認する事ができます。

一枚撮るごとに確認できるので便利ですね。

真ん中にある『』で各設定を変更できます。

日付を入れられる

Huji Cam』は、フィルムカメラのように日付を入れることが出来ます。
これ、若い方に人気がある部分なんですよね。

設定を開くと、「日付」という項目を押すと

いつの日付を入れる(現在の日付か1998年)か、もしくは入れないかが設定できます。

そして、その下の「フォーマット」の項目を押すと

どういう形で日付を入れるかが設定できます。

カメラロールに保存しよう

Huji Cam』で撮った写真は、撮った時点ではスマホ自体には保存されないので、アプリからダウンロードする必要があります。

ギャラリーで特定の写真を押すと、上の画像のような画面になります。
真ん中下にある、『』を押すと、スマホ本体に保存されます。

シェアしよう

良い写真が撮れたら、シェアしたくなりますよね!

 

左下にある『↗』でSNSなどにシェア出来ます。

Huji Camのいいところ

Huji Cam』のいいところは、いろいろあります。

『写ルンです』のような描写性

この質感、光の捉え方は、ほんとに写ルンですというか、プラスティック製のフィルムカメラで撮る写真にそっくりなんです。
これをスマホアプリで再現しているのは凄いと思いましたね。

ランダムライト機能

先ほども説明に出てきた、『ランダムライト』という機能です。
これ、結構クオリティーが高くて、オシャレに仕上がるんですよね。
あとミソなのは、ランダムに出るので、いつなるかわからない。というところですね。

10回に1回ぐらいの割合で出てくるので、焦らされ感が病みつきになってしまうんです(笑)

日付が入る

先ほども言いましたが、日付が入るのは良いですね。印字の感じも、まさにフィルムカメラライクなんですよね。

Huji Camの作例

Huji Cam』で撮影した作例です。

 

まとめ

いかがでしたか?
世界中で旋風を巻き起こしている写真アプリ『Huji Cam』をご紹介してきました。

フィルムカメラは、少し敷居が高い!という方には、手軽にフィルム風の写真が手に入れられるのでオススメです。

これをキッカケに、本物のフィルムカメラも試して頂ければ、個人的には嬉しいですね。

最後に、#hujicamのタグが付いたインスタグラムを見てみましょう。

では。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です