任意整理が不安な方へ!体験者が語る手続きの流れ

「任意整理が不安な方へ!体験者が語る手続きの流れ」のアイキャッチ画像

 

どーも、ろびんです。

 

僕は過去に、クレジットカードの借金を総額250万円作ってしまい、毎月の支払いが追い付かなくなりました。

そして4年前に意を決して、司法書士事務所に相談し、任意整理をしました。

 

そんな今回は、任意整理に不安を感じている方のひとつの参考になればと思い、任意整理をする流れをお話していこうと思います。

 

スポンサーリンク

任意整理とは

任意整理とは、借金を減額できる手続きの債務整理の一つの方法です。

 

利息をゼロにして、毎月の返済額を減らし、計画的に完済を目指すための手続きですね。

 

基本的には、弁護士や司法書士が、任意整理したいカード会社に直接交渉してくれます。

 

任意整理の特徴
・利息がカットされる
・家族や職場にバレない
・毎月の返済額が減る

 

スポンサーリンク

任意整理をする流れ

僕が実際に、任意整理をした流れをご説明させていただきます。

司法書士事務所へ相談に!

まずは、ネットで評判が良かった司法書士事務所に問い合わせをして、無料相談が出来るというので、最寄りの事務所で予約しました。

僕が利用させてもらったのは、全国に9か所も支部を持つ司法書士事務所、【司法書士法人杉山事務所】です。

 

 

補足
弁護士と司法書士ってどう違うの?と思うかもしれませんが、やってくれることは同じなので、どちらでもOKです。

 

そして、予約した日時にドキドキしながら司法書士事務所に行きまして、相談をさせていただきました。

 

自分の今の状況や、どんな選択肢があるのかを聞いたり、その中で一番いい方法を探してもらい、任意整理をするということで決定しました。

 

当時の自分のことを赤裸々に話すのは勇気がいりましたが、今さらそんなプライドを持っていても仕方ないので、早く楽になりたい!

という思いでお話しさせていただきました。

話を聞き、お任せできる!と思ったのでこちらで任意整理させていただくことに。

 

任意整理のメリットやデメリットなどを聞き、毎月いくらを返済していくのか、司法書士さんに支払う報酬などを説明いただき、契約書にサインをしました。

補足
自分の返済できる範囲で提案してくれたので、安心でした。
司法書士さんへの報酬も、毎月払える範囲で分割で支払えるようにしてくれました。

なので、現在の生活を圧迫することなく手続きを進めていくことが出来ますよ。

そして次に、司法書士さんのほうで、カード会社と交渉を行っていただく流れとなります。

 

この交渉は、約3か月ぐらいかかりました。

その間は、そのカード会社への返済はストップするので、この間に司法書士事務所への報酬を分割で支払っていきました。

 

そして約3か月後に、すべての交渉がまとまった、との連絡が来ました。

それから元本のみを計画に沿って、毎月銀行振り込みで支払っていく形となりました。

[kanren postid=”9934″]

任意整理のメリット

利息がゼロに!

任意整理をするメリット一つ目は、借金の利息がゼロになって、元本だけを返済すればよくなるところですね。

 

250万もの借金を抱えていると、利息の支払いが莫大な金額になります。

 

毎月毎月返済しても、元本の半分ぐらいが利息のカードもあったりして、いっこうに借金が減っていきませんよね。

その利息がチャラになるので、借金の総額が大きく減額されます。

そして、自分が無理なく支払える範囲で返済することが出来るので、かなり気持ちが楽になります。

家族にバレない

債務整理で心配なのは、家族や会社にバレるのではないかということだと思います。

 

僕も一番心配になったところです。

ですが、債務整理の手続きの中で唯一バレないのが、任意整理なんです。

例えば、自己破産や個人再生の場合は、裁判所を介して手続きが行われるので、どうしても家族などに知れてしまいます。

 

任意整理は、裁判所を介さないので、基本的には相談した司法書士事務所と自分以外にバレることはありません。

 

任意整理のデメリット

ブラックリストに載る

任意整理をすると、信用情報機関に「任意整理をした」という事故情報が登録されます。

これがいわゆるブラックリストに載るということです。

クレジットカード会社やローン会社は、新規申し込みがあった場合や更新の際に、この信用情報を確認します。

 

そのときに、「この人は任意整理をした」という情報が出てくるので、信用のない人だとみなします。

よって、クレジットカードが新規で作れなかったり、更新したりできなくなるんですね。

 

ですが、永久にクレジットカードが作れないのではなく、任意整理の場合は約5年を過ぎれば信用情報は消えるといわれています。

 

補足
自己破産の場合、約10年間はクレジットカードが作れなくなります。

 

まとめ

以上、体験者が語る手続きの流れをご説明してきました。

任意整理をするときは、いろいろと不安だと思います。僕もそうでした。

ですが、結果的に相談しに行って良かったと思っています!

今では、計画的に無理のない範囲で返済することが出来ています。

返済は長期にわたりますし、クレジットカードも作れなくなってしまう、というデメリットはありますが、苦しいなら相談に行ってみるのも良いと思います。無料ですし。

もしかしたら過払い金が発生している可能性もあるので、一度相談してみましょう。

 

借金減額・過払い請求のご相談は【司法書士法人杉山事務所】