写真にオシャレな文字を入れよう!『Phonto』スマホアプリ




文字入れも出来る写真加工アプリは、たくさんありますが、なかでも僕のオススメは『Phonto(フォント)』というアプリです。
なかなか本格的で、アーティスティックな印象です。

簡単にアート写真が作成できますよ。

それでは、文字入れスマートフォンアプリ『Phonto(フォント)』をご紹介していきます。

スポンサーリンク

Phontoの特徴

Phonto』は、画像に文字を入れたり図形を入れられるシンプルな、写真加工アプリです。

アート的な画像を作るなら、かなりオススメ出来るアプリです。
ブログをやっている方なら、アイキャッチ画像作成にもいいかもしれません。

Phontoは画像に文字を挿入することができるシンプルなアプリです。

・ 400種類以上のフォントが利用できます。
・ 40種類の日本語フォントが利用できます。
・ 好きなフォントをインストールして利用できます。
・ 縦書きに対応しています。
・ 文字のサイズを自由に変更できます。 
・ 文字の色を自由に変更できます。
・ 文字のグラデーションカラーを自由に変更できます。
・ 文字の背景色を自由に変更できます。
・ 文字の縁(ストローク)の色を自由に変更できます。
・ 文字の影を自由に調節できます。
・ カーブに沿って文字を配置できます。
・ 文字を立体的に表現(3D)できます。

引用:iTunes Store

Phontoの使い方

Phonto』の使い方を見ていきましょう。

アプリをインストール

こちらのリンクからアプリをインストールします。

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ

youthhr無料posted withアプリーチ

 

Phontoアプリを起動します

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]
アプリを起動すると、上記のような画面になるので
下中央にあるカメラボタンを押します。
[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]
すると、『写真を撮る』か『写真アルバム』かを選択できます。
スマホにある写真を使いたいなら『写真アルバム』を押して
写真を選択します。
[/wc_column] [/wc_row]

 

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]
ここの画面で、フィルターが適用できます。
右上のトリミングマークを押すと画像を正方形にしたり出来ます。
[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]

 

自動フィット『ON』を押すと正方形にトリミングされます。
完了を押すと進みます。
[/wc_column] [/wc_row]

 

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]
画像を押すと『文字を追加』が出てくるので
そのボタンを押すと、文字を入力できます。
[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]
ここで文字を入力します。フォントなども変えることが出来ます。
[/wc_column] [/wc_row]

スポンサーリンク

Phontoで文字を編集しよう

文字の色を変えたり、サイズを変えましょう。

入力した文字をタップすると、編集メニューが出てきます。

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]
文字を押すと、入力した文字を編集できます。
[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]
フォントを押すと、フォントを変えることができます。
[/wc_column] [/wc_row]

 

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]
スタイルを押すと、文字の色を変えたり、文字に背景を付ける事ができます。
[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]
サイズを押すと、入力した文字の大きさを編集できます。
[/wc_column] [/wc_row]

 

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]
傾きを押すと、入力した文字の傾きを調整できます。
[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]
移動を押すと、入力した文字の位置を動かせます。
『→A←』『↓A↑』のボタンで左右上下のセンターに一発で配置できます。
これは便利!
[/wc_column] [/wc_row]

インスタ映えするフィルター

種類は少ないですが、なかなか味のあるフィルターが揃っています。
いわゆる、らしい写真になります。

おすすめのフィルターをご紹介します。

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]

Process

[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]

Instant

[/wc_column] [/wc_row] [wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]

Transfer

[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]

Chrome

[/wc_column] [/wc_row] [wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]

Fade

[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]

Mono

[/wc_column] [/wc_row]

フォントが充実。好きなフォントの追加も出来る!

Phontoでは、約400種類以上のフォントが揃っており、幅の広いデザインを作る事ができます。
日本語も、40種類用意されているので便利です。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
よく使うフォントは、お気に入りとして呼び出しやすくなります。
日本語フォントも充実してます。
[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”] [/wc_column][/wc_row]

外部フォントも取り込めます。

こちらの記事で、外部フォントの取り込み方を書いています↓

文字入れ写真アプリ『Phonto』で外部フォントをダウンロードして使う方法

2018年8月12日

Phontoに簡単にGoogleフォントをインストールできるアプリについて書いています↓

めちゃくちゃ簡単!フォントを『Phonto』にインストール出来るアプリ『Fontasy』

2018年9月25日

文字を消しゴムで消せる

なんと、このアプリ、入力した文字を消しゴムで消す事ができるんです!
被写体の後ろにあるように立体的に演出できますね。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
こちらが文字を入れただけの画像
[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
こちらが消しゴムで部分的に文字を消して
被写体の後ろにあるように見せてます。
立体感が出ますね!※消しゴムを使うには課金が必要
[/wc_column][/wc_row]

Phontoで作成した作品ギャラリー

最後に、僕がPhontoで作成した作品をアップしておきます。

まとめ

このアプリがあれば、オシャレなアートフォトが手軽に作れて、簡単にインスタグラムにも投稿できますね。

世界中のPhontoで作成した作品が、インスタグラムにハッシュタグ、#phontographを付けて投稿されています。

 

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ

youthhr無料posted withアプリーチ

 

動画に文字が入れられるアプリ『Vont(フォント)』

2019年1月2日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です