プロテインを飲んで下痢する人は、乳糖不耐症かも?




こんにちは!ろびん(@robintwistland)です。

自分は2年前から筋トレをやってるんですが(昨年はサボってました)、最初の頃は『SAVAS(ザバス)』のプロテインを飲んでいました。

これですね。

このプロテインを飲んだ後は、決まってお腹を下して下痢をしたりしていたんですね。
最初のほうは、よくわからなかったので、プロテインが体に合わないのかなーと思っていました。

ですが、よく調べてみると、プロテインに含まれる『乳糖』が原因だということがわかりました。
そんな今回は、

●プロテインの種類
●何故プロテインを飲んで下痢をするのか
●乳糖不耐症について
●乳糖不耐症の人が飲むべきプロテインについて

以上のことについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

筋トレに適したホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。
筋トレで飲まれているプロテインのほとんどが、このホエイプロテインだと思います。

POINT

●吸収が早い
●筋肉の合成に有効な必須アミノ酸が豊富
●比較的飲みやすい

体作りに適したプロテインと言えますね。

スポンサーリンク

ホエイプロテインは2種類ある

そのホエイプロテインには、製法が異なる2種類のプロテインがあります。

ホエイプロテインの種類

●WPI製法
●WPC製法

この2種類の製法で、種類が異なります。

WPC製法

WPC(ホエイ・プロテイン・コンセントレート)製法は、タンパク質の純度が80%以下となっており、その他の栄養素も含まれているのが特徴です。

値段が安価です。

乳糖不耐症のかたは、お腹を下して下痢をしやすいプロテインになります。

WPI製法

WPI(ホエイ・プロテイン・アイソレート)製法は、タンパク質の純度が90%前後となっており、効率よくタンパク質を摂取できます。

WPC製法のプロテインより、値段が高くなります。

しかしプロテインで下痢する人は、ダントツでこちらを選ぶといいでしょう。

乳糖不耐症とは?

乳糖不耐症は、乳糖が腸内で分解できないことが原因で起こる症状の事です。

小腸にラクターゼが存在しないか、存在しても充分でないことが、乳糖不耐症で起こる諸症状の原因である。

この小腸におけるラクターゼの状態は、全くの健康体であったとしても、成長した哺乳類全般に起こることであって異常とは言えない。
哺乳類は、授乳期が過ぎると、ほぼ例外なくラクターゼの活性が低下してしまう。

引用:Wikipedia 

乳糖不耐症の症状が出るのは、乳糖の多さが関わっているようですね。
牛乳はダメでも、ヨーグルトは大丈夫という人もいますよね。

ラクターゼはに含まれるラクトースを加水分解するのに重要な酵素である。

引用:Wikipedia 

乳製品アレルギーとは全く違うようです。混合してしまいがちですが・・・。
この症状には個人差があり、量によっても耐性が変わってくるようです。

大人になると、ラクターゼ分泌が減少するため、昔は大丈夫だったけど、年齢を増すごとに症状が出てくる人もいます。
日本人成人の20%~30%がこの、乳糖不耐症だと言われています。

乳糖不耐症の人におすすめのプロテイン

そんな乳糖不耐症の人におすすめなプロテインが、こちらの『バルクスポーツ プロテイン アイソプロ』です。
ぼくも愛飲しています。

一般のドラッグストアでは売られていないのですが、アマゾンで買うことが出来ます。

created by Rinker
バルクスポーツ
¥2,961 (2019/06/17 21:24:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バルクスポーツ
¥5,521 (2019/06/17 21:24:49時点 Amazon調べ-詳細)
 
エネルギー 94kcal
たんぱく質 21.6g
脂質 0.4g
炭水化物 1.0g
ナトリウム 32.8mg

※付属スプーンすりきり1杯(25g)

1食分で、21.6gのタンパク質が摂取できます。
脂質も非常に少ないので、効果的にプロテインを摂取できますね。

まとめ

いかがでしたか?

筋トレをしているのに、プロテインを飲んでお腹を壊していたら本末転倒ですね。
プロテインを飲んで下痢の症状がある方は、今回ご紹介したプロテインを試してみてください。

お互い、筋トレを楽しみましょう!

では。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です