ピュアネスと哀しみを奏でたミュージシャン『Sparklehorse(スパークルホース)』

「ピュアネスと哀しみを奏でたミュージシャン『Sparklehorse(スパークルホース)』」のアイキャッチ画像

どーも、こんにちは。

Sparklehorse(スパークルホース)』というミュージシャンをご存知でしょうか?

知ってる人は知っている、という感じな少々マニアックな存在なのかも知れません。

少しでも多くの人に、Sparklehorseの音楽を知ってほしいと思い、今回記事にしました。

スポンサーリンク

Sparklehorseとは?

引用元:Wikipedia

Mark Linkous(マーク・リンカス)という人物が中心メンバーとして活動していたバンド、というかソロ・プロジェクトですね。

1995年に『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』というアルバムでデビュー。

アメリカンフォークミュージックの懐かしさと、ポップネス
そして実験性を掛け合わせた絶妙なを生み出しました。

そして、翌年1996年には『Radiohead』のヨーロッパツアーのオープニングアクトを務めることになります。

※1996年というとRadioheadが『The Bends』を出した翌年のことで
かなりの注目が集まっていた時期でもある。

他のミュージシャンからも絶大な支持を多く得ていて、様々なミュージシャンがアルバムに参加するなどしています。

1995年から2006年まで、オリジナルアルバムを4枚リリースしました。

それ以外でも、色んなミュージシャンとコラボしたり
ダニエル・ジョンストンのトリビュートアルバムをプロデュースするなど、精力的に活動していましたね。

しかし、2010年3月6日、マーク・リンカスが自ら命を絶った事でその活動に終止符を打ちました。

今日3月6日がちょうど、Sparklehorse(スパークルホース)ことマーク・リンカスの命日です。

Sparklehorseの魅力

 

スポンサーリンク

Sparklehorseのオススメ曲5選

It’s A Wonderful Life

3枚目のアルバム『It’s A Wonderful Life』からのリードトラック。
ノイズサンプリングをループさせ、シンプルなリフ、囁くような歌が乗るスローテンポナンバー。

Sunshine

2ndアルバム『Good Morning Spider』に収録された曲。
シンプルなコード進行で、普遍的な中にも実験的な要素を加えた名曲ポップソング

Spirit Ditch

1stアルバム『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』に収録されたバラード。
ギターのアルペジオと歌が、悲しく美しく優しい旋律を奏でるスローナンバー。

Pig

2ndアルバム『Good Morning Spider』の1曲目に収録された曲。
歪んだ歌とギターリフが炸裂する狂気的ロックソング。
ミュージックビデオも狂気じみている。

Sick Of Goodbyes

2ndアルバム『Good Morning Spider』に収録された軽快なロックソング。
卓越したメロディーセンスを披露している。

Sparklehorseの魅力とは?

Sparklehorseの魅力は、たくさんありますが

特徴的な囁くような歌
ピュアネスと狂気的な2面性
アナログライクな音
シンプルの中に散りばめる実験性
悲しみを振り絞るような歌い方

マーク・リンカスという人間が、その音楽から伝わってくるほど、生々しくそして優しく、幻想的な音楽性に心を奪われます。

アメリカのフォークミュージックを根底に持ちながら、独自のポップネスを加え、実験的で遊び心のあるサウンドを入れたりもしています。

狂気と優しさを兼ね備えたミュージシャンなんですね。

Sparklehorse関連の作品

Sparklehorseのオリジナル作品、プロデュース作品、コラボ作品などをご紹介します。

オリジナルアルバム

1stアルバム『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』

created by Rinker
¥1,650 (2020/11/27 10:52:04時点 Amazon調べ-詳細)

1995年に発表された、Sparklehorseの記念すべきファーストアルバムです。

2ndアルバム『Good Morning Spider』

created by Rinker
Capitol
¥435 (2020/11/27 10:52:05時点 Amazon調べ-詳細)

アルコールとドラッグの過剰摂取で、一時心停止になり、半年間の車椅子生活のあとに制作された壮絶な1997年発のセカンドアルバム。

3rdアルバム『It’s a Wonderful Life』

2001年に発表されたサードアルバム。優しくも悲しい世界を紡ぎだす。

4thアルバム『Dreamt for Light Years in the Belly of a Mountain』

created by Rinker
Capitol
¥1,576 (2020/11/27 10:52:06時点 Amazon調べ-詳細)

2006年に発表されたフォースアルバム。よりポップにハードでロックな面も覗かせるまとまりのあるサウンド。

プロデュース作品

The Late Great Daniel Johnston: Discovered Covered

created by Rinker
High Wire Music
¥2,604 (2020/11/27 10:52:07時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの作品は、マーク・リンカスが敬愛するアーティスト
ダニエル・ジョンストン』のトリビュートアルバムをプロデュースした作品。

見ての通り、そうそうたるミュージシャンが参加しています。

コラボ作品

In The Fishtank 15

created by Rinker
¥700 (2020/11/27 10:52:08時点 Amazon調べ-詳細)

ノイズエレクトロなインストゥルメントミュージシャン
Fennez』とコラボレートしたアルバム。

Dark Night Of The Soul

created by Rinker
Cuk
¥1,099 (2020/11/27 10:52:08時点 Amazon調べ-詳細)

Sparklehorse(スパークルホース)ことマーク・リンカス、Danger Mouse(デンジャーマウス)
David Lynch(デヴィッドリンチ)
がコラボレートしたプロジェクト『Dark Night Of The Soul

一曲ごとに違うミュージシャンをフィーチャーして作り上げたコンセプトアルバム。

マーク・リンカスデンジャー・マウスがソングライティング
デヴィッド・リンチがヴィジュアルを担当しました。

すごい組み合わせ!!

まとめ

Sparklehorseは、僕の人生においてとても大切な存在です。

彼の音楽は僕の人生に、光や希望を与えてくれました。

Sparklehorse(マーク・リンカス)は、今はもうこの世にはいませんが、彼の存在と音楽は、一生僕の心に在り続けるでしょう。

ありがとう、Sparklehorse!!

P.S これは本当に狙ったわけでもなく偶然なのですが
今日3月6日がSparklehorse(スパークルホース)ことマーク・リンカス
命日でした。