2020年公開のノーラン監督最新作『TENET テネット』とはどんな映画?

「2020年公開のノーラン監督最新作『TENET テネット』とはどんな映画?」のアイキャッチ画像

数々の話題作を手掛けてきた、クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』が2020年9月18日に日本公開されます。

今回は、この『TENET テネット』がどんな映画なのか探っていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ノーラン監督最新作『TENET テネット』とは

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

出典:eiga.com

『TENET テネット』は、2020年9月18日に日本公開される、クリストファー・ノーラン監督の最新作映画です。

まだ公式サイトでも情報があまりでていなく、予告編を見てなんとなく推測するしかないですが、「時間」がテーマになっている模様・・・。
公式サイトの演出も意味深です。

こちらが公式サイト↓

「TENET」のロゴがひたすら回っているという・・・。

出演者のロバート・パティンソンいわく「長年見てきた中で、一番クレイジーな作品」だそうで、ノーランらしい実験的な作品になるんではないかと思っています。

予告編はこちら↓

予告編に出てきたワードを書き出してみましょう。

君は特別だ

死後の世界へようこそ

第三次大戦を防ぐのよ

新しい目で世界を見て

頭で考えず、感じて

これだけでは断片的過ぎて、意味がさっぱりわかりませんね・・・。

予告編では逆再生されたような演出がされており、現実とは違う世界が舞台になるのではないかと推測されます。
ノーラン監督の過去作『インセプション』のような雰囲気を感じました。

サスペンス映画であることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

『TENET テネット』の出演キャスト

TENET テネット』の出演者を何人かご紹介します。
このキャストらは、予告編にも出ていたので主要キャストだと思われます。

ジョン・デヴィッド・ワシントン


出典:Wikipedia

俳優、デンゼル・ワシントンの息子であり、元アメリカン・フットボール選手でもある、ジョン・デヴィッド・ワシントン。

アメリカン・フットボールを引退してから、本格的に俳優業に専念する。
2018年公開のスパーク・リー監督の『ブラック・クランズマン』で主役をはり注目されていました。

今作でも見事主役の座を勝ち取って、話題作への出演とあって、今後もさらに人気が出ることは間違いなさそうですね。

生年月日:1984年7月28日
主な出演作:『ブラック・クランズマン

ロバート・パティンソン


出典:Wikipedia

吸血鬼を演じた『トワイライト』シリーズでも有名なイギリス人俳優、ロバート・パティンソン。

2021年公開の『The Batman』でバットマンを演じることが決まっています。こちらも楽しみ。
今作での役どころはまだわからないが、重要な役なんではないかと予想しています。

生年月日:1986年5月13日
主な出演作:『トワイライト』『ディーン、君がいた瞬間』

エリザベス・デビッキ


出典:Wikipedia

元バレエダンサーでオーストリア人の、エリザベス・デビッキ。

「ヴォーグ」のモデルとしても活躍していただけあって、美しいですね。けっこう大作にも出演している俳優で、今作の演技にも注目ですね。

生年月日:1990年8月24日
主な出演作:『華麗なるギャツビー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

マイケル・ケイン


出典:Wikipedia

ノーラン監督の作品には、もはや常連になったベテラン俳優、マイケル・ケイン。

「バットマン・ビギンズ」から、ノーラン監督の作品に毎回起用されているのは、この俳優だけではないでしょうか・・・。
それだけ、ノーランからの信頼は厚いんだと思います。

今回も渋い演技を期待します。

生年月日:1933年3月14日
主な出演作:『プレステージ』『ダークナイト』『ダンケルク』

監督はクリストファー・ノーラン


出典:Wikipedia

TENET テネット』の監督は、数々の名作を送り出してきた、現代における最重要監督、クリストファー・ノーラン監督。

1998年の「フォロウィング」で初の長編監督としてデビュー。それ以来、見る者をあっと驚かせるような作品を作り出してきました。
2000年代の「バットマン 3部作」に抜擢され、新たなバットマンの世界を構築し世界中から大熱狂を持って迎えられます。

デジタルを嫌っており、今もなおフィルムでの撮影にこだわっています。
CGも出来るだけ使わない監督としても有名で、リアルさを追求していますね。

今作『TENET テネット』は、2017年の「ダンケルク」以来の監督作品になります。

ノーラン監督の過去作品

今作の監督である、クリストファー・ノーラン監督の過去作品をご紹介します。

メメント

プレステージ

created by Rinker
¥1,528 (2020/11/29 16:07:05時点 Amazon調べ-詳細)

ダークナイト

created by Rinker
¥299 (2020/11/29 16:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

ダークナイト・ライジング

ダークナイト・ライジング
created by Rinker

インセプション

インセプション
created by Rinker

インターステラー

インターステラー
created by Rinker

ダンケルク

created by Rinker
¥299 (2020/11/29 16:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

[kanren postid=”6830″]

 

まとめ

以上、2020年9月18日に日本公開される洋画『TENET テネット』をご紹介しました。
今最も期待値の高い監督の最新作として、話題沸騰中の作品です!

今から公開が待ち遠しいです。