【必見】トム・ハーディの演技が光る、おすすめ映画7選




こんにちは!ろびん(@robintwistland)です。

いきなりですが、トム・ハーディ、かっこいいですよね!

出典:NME

2018年11月に、そのトム・ハーディー主演の話題作『ヴェノム』が公開予定です。

 

CHECK!【スパイダーマンのスピンオフ映画】『ヴェノム』ってどんな映画?

 

ガッチリとした体格、特徴的な声、目で物語る実力派な演技力などを武器に
主演から悪役まで、様々な重要作品で見ることが出来ます。

注目されてきたのは最近のイメージですが、映画デビューは2001年の『ブラックホーク・ダウン』です。

今回は、そんなトム・ハーディの演技が光る、おすすめ映画を7つ後紹介していきます。

スポンサーリンク

マッドマックス 怒りのデス・ロード

2015年公開、ジョージ・ミラー監督・脚本の『マッドマックス 怒りのデス・ロード 
マッドマックス』の27年ぶり、第4作目になる作品。

トム・ハーディは主人公マックスを演じました。
とにかくこの映画、ハンパないです!とにかくアクションが凄すぎて呆気に取られっぱなしでしたよ!

正直、前作を見ていないので、マックスが何者なのか不明なのですが、アクションに重きを置いている映画でした。
セリフもほとんどないぐらい、アクションずくしでした。

ダンケルク

2017年に公開された、クリストファー・ノーラン監督の作品『ダンケルク』。

トム・ハーディは、空軍パイロット役を演じています。

第2次世界大戦初期の、ドイツ軍がフランスに侵攻した、ダンケルクの戦いを描いた映画です。
なかなか渋い役どころで、劇中のほとんど戦闘機に乗って、セリフもほんのちょっとでしたが、威厳のようなものを感じる事ができました。
そこがトム・ハーディの凄いところなんだと思います。

スポンサーリンク

インセプション

こちらも、同じくクリストファー・ノーラン監督のSFアクション作品『インセプション』。

トム・ハーディはこの作品に出た事で、一気に注目度が上がりました。
この映画では「なりすまし人」という、違う誰かになりすます事ができる能力を持った役どころで
シニカルで、こういう役でも映えますね。

レヴェナント:蘇えりし者

監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥがアカデミー監督賞
主演のレオナルド・ディカプリオがアカデミー主演男優賞

を獲得した映画『レヴェナント: 蘇えりし者』です。
トム・ハーディはディカプリオと敵対する役を演じています。

ダークナイト ライジング

こちらも、クリストファー・ノーラン監督の作品、バットマン3部作の最終章
ダークナイト ライジング』。

トム・ハーディは、バットマンの敵、ベイン役で出演しています。なんといっても迫力あふれる筋肉に目を奪われますが
恐ろしいだけではない、心の内面までも表現する演技力には脱帽です。

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

なんと、この映画、画面に映る登場人物は、トム・ハーディ1人だけという異色の映画
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

ひたすら86分間、車を運転するトム・ハーディが複数の電話相手(不倫相手や妻や仕事の仲間など)と話している様子が映し出されます。
とてつもない低予算映画です!!
ですが、とても斬新的で、トムの演技によってどんどん引き込まれていくんですよね。

視聴者の想像力を駆り立てる映画ですよ。

ウォーリアー

総合格闘技の戦いをモチーフに、家族のドラマを描いた2011年の映画『ウォーリアー』。

この映画は、そんなに期待はしていなかったのですが、とても感動的な映画で最後はボロボロ泣いてしまいました。
トム・ハーディは、「スパルタ」という総合格闘技の戦いに参戦する元軍人の役で出演しています。

こういう役が似合うよなー。という感じでハマリ役でしたね。
というか、ほんとトム・ハーディの演技がやはり素晴らしいんですよね。
ありきたりな言葉で申し訳ないですが、戦うときの表情や、ラストの表情なんかは、さすがとしか言いようが無いです。

最後に

いかがでしたか?

役にとことんストイックに挑むハリウッド俳優、トム・ハーディのおすすめ映画を7つご紹介してきました。

2018年11月公開の『ヴェノム』も楽しみですね。

では、今回はこの辺で。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です