腱鞘炎の予防なら「Zamst リストバンド」がおすすめ!




最近、酷使によるものであろう、手首に痛みが出る症状が出ました。手首から腕にかけて、熱を帯びていて痛みがありました。夜も眠れないほどの痛みで、痛み止めを飲むほど・・・。

これが噂の「腱鞘炎」というやつか、と思いいろいろ調べてみました。
そこで、腱鞘炎に効くストレッチなどを知り、試したりして結果痛みは引いてきました。

ですが、日常的に手首を使うことが多いので、また起きる可能性は充分あります。
そこで、手首の負担を少なくするための固定用サポーターを試してみました。こちらの商品です。

スポンサーリンク

腱鞘炎?になった

さきほども触れましたが、いきなり手首に違和感が出始め、数日後に激しい痛みに襲われました。
これが「腱鞘炎」というやつなのか・・・。

その日は痛み止めを服用し、なんとか痛みに耐えました。次の日も、同じように痛みが続いていたので、ネットで腱鞘炎について調べてみました。こちらのストレッチをしたら、かなり楽になり、痛みも消えていきました。

これは、ほんとおすすめです!

腱鞘炎というのは、一度なるとやっかいで、くせになると言われている手首の疾患ですので、なるべく早く対策を打っておくべきですね。
ぼくも、パソコン作業や手首に疲労が溜まりやすい生活をしていますので、余計に予防は必須です。

そこで見つけたのが、こちらの商品。

Zamst(ザムスト) リストバンド

サポーター用品などを発売する日本企業「日本シグマックス株式会社」が発売する、手首固定サポーター「ザムスト リストバンド (手首用サポーター 左右兼用)

本格的なスポーツ全般にも使用できるので、手首を酷使する方へおすすめできるサポーターです。


出典:Amazon

トップアスリートも愛用していることで知られている商品なんです。

スポンサーリンク

Zamst(ザムスト) リストバンドの使い方

このリストバンドは、2股になっています。2つのベルトを使って、強弱が調整できることですね。
がっちり固定したり、自分の好みの強さに固定することが出来ます。

まず、バンドを手首に通し上側のベルトで締めながらファスナーを取り付けます。


続いて、下側のベルトで強弱を調節しながらファスナーを取り付けます。

 

着脱が簡単なのもいいですね。

Zamst リストバンドを使ってみた感想

この商品は、「バンドタイプ」「ラップタイプ」の2種類がありますが、今回は「バンドタイプ」を使用してみた感想です。

サイズは「Medium」「Large」の2サイズがあります。自分は「Medium」サイズを選びました。

出典:Amazon

サイズはあるのですが、余裕のあるバンドで調節可能です。

すべりどめ

手首に面した素材に滑り止めがあるので、使用中にずれたりしないんですね。

心地良い使用感

素材が柔らかいので、装着しているのを忘れてしまうほど。手首を優しく守ってくれます。

 

デザインもシンプルで気にならない

こういうリストバンドで気になるのは、デザイン性ではないでしょうか。
この「ZAMZT リストバンド」は、デザインがシンプルで、ブラックを基調としていてロゴもシンプルなので、自然に溶け込むことが出来ると思います。

まとめ

今回は、手首を固定するサポーター「ザムスト リストバンド (手首用サポーター 左右兼用)」をご紹介してきました。

手首を使う仕事の人や、テニスやゴルフなどのスポーツ選手におすすめできる手首サポーターバンドです。
腱鞘炎予防に是非使ってみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です